スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VMware ESX/ESXiの仮想マシンではWindows Server 2008 R2のVMware SVGA 3Dグラフィックドライバがインストールされない

VMware ESX/ESXi 4.x/5.xの仮想マシン上で、ゲストOSとしてWindows Server 2008 R2を利用している場合の話です。

VMware Toolsをインストールすると、VMware固有の仮想デバイスには、VMwareが提供する固有のデバイスドライバがインストールされます。
たとえばマウスならVMware Pointing Device、LANアダプタならvmxnet3 Ethernet Adapterがインストールされたりします。
しかしグラフィックドライバはVMware用のドライバがインストールされず、OS標準の「標準 VGA グラフィック アダプター」がインストールされます。

ゲストOSがWindows Server 2008 R2の場合、VMwareが提供するグラフィックドライバをインストールするためには個別の作業が必要になります。

まとめ。

(写真1)VMware SVGA 3Dグラフィックドライバのインストール前後
VMware SVGA 3Dグラフィックドライバのインストール前後
左がグラフィックドライバのインストール前、右がインストール後。
グラフィックドライバがVMware SVGA 3D (Microsoft Corporation - WDDM)に置き換わっている。vCenter Serverのコンソール画面でのマウスの動きはスムーズになります。


では、ドライバのインストール手順を確認します。
テストした環境は、
仮想化ホスト:VMware ESXi 5.0
ゲストOS:Windows Server 2008 R2 SP1

(写真2)ゲストOSにVMware Toolsをインストール
ゲストOSにVMware Toolsをインストール
VMware Toolsのバージョンは8.6.0 build-425873です。

(写真3)VMware Toolsインストール後のデバイスマネージャ
VMware Toolsインストール後のデバイスマネージャ
マウスはVMware Pointing Device、LANアダプタはvmxnet3 Ethernet Adapterですが、ディスプレイアダプタは標準VGAグラフィックアダプタのままになっています。

(写真4)グラフィックドライバーの更新
グラフィックドライバーの更新
ドライバーの更新ボタンを押す。

(写真5)コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します
コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します
「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選択する。

(写真6)ドライバの存在するフォルダを指定する
ドライバの存在するフォルダを指定する
参照ボタンを押して「C:\Program Files\Common Files\VMware\Drivers\video_wddm」フォルダを指定し、次へ。

(写真7)グラフィックドライバが正しく更新される
グラフィックドライバが正しく更新される
「VMware SVGA 3D (Microsoft Corporation - WDDM)」ドライバがインストールされます。

(写真8)グラフィックドライバが置き換わった
グラフィックドライバが置き換わった
VMware, Inc.のドライバに置き換わります。

(写真9)ゲストOSを再起動
ゲストOSを再起動
メッセージに従ってOSを再起動させ、ドライバを有効にします。

(写真10)ドライバ更新後のデバイスマネージャ
ドライバ更新後のデバイスマネージャ
ディスプレイアダプタのドライバが「VMware SVGA 3D (Microsoft Corporation - WDDM)」に置き換わっていることがわかります。

この状態でvCenter Server(vSphere Client)でコンソール画面を表示させると、今までの標準VGAグラフィックアダプタより、明らかにマウスカーソルの動きがスムーズになります。

この内容は、この辺のサポート技術情報が参考になります。

http://kb.vmware.com/kb/1011709
・VMware KB: Troubleshooting SVGA drivers installed with VMware Tools on Windows 7 and Windows 2008 running on ESXi/ESX 4.x/5.x
http://kb.vmware.com/kb/1016770
・VMware KB: WDDM and XPDM graphics driver support with ESX 4.x, ESXi 5.x, Workstation 7 and 8, and Fusion 3 and 4


VMware ESX/ESXi 4.x/5.xで仮想マシンバージョンが7以降の場合、VMwareの提供するWDDMグラフィックドライバはこのようになります。
Windows Guest OS on ESX 4.x, ESXi 5.0
WDDM driver
requires minimum of HW v. 7
XPDM driver
requires minimum of HW v. 4
Windows 7Supported and installed by defaultNot supported
Windows Server 2008 R2*Supported but not installed by defaultNot supported
Windows Server 2008Supported but not installed by defaultInstalled by default
Windows VistaSupported but not installed by defaultInstalled by default

つまりWindows 7ではWDDMグラフィックドライバが自動でインストールされる。
しかしWindows Server 2008 R2、Windows Server 2008、Windows Vistaでは、WDDMグラフィックドライバはサポートされるが、標準ではインストールされないようです。

* Unless there is an explicit requirement for enhanced graphics, the preferred driver for Windows Server 2008 R2 is the Microsoft-provided VESA driver.
この注意書きがよくわからない。
特に明確な要求がなければ、マイクロソフトのVESAドライバを利用しろ、みたいな感じかな。

またWDDM(Windows Vista Display Driver Model)とXPDM(Windows XP Display Driver Model)の違いについては以下を参照。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ee422559%28v=VS.85%29.aspx
・MSDN ライブラリ > XPDM と WDDM の比較
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ee417756%28v=vs.85%29.aspx


・MSDN ライブラリ > Windows のグラフィック API
スポンサーサイト

2012年、サンフレッチェ広島がついにJ1で優勝!!

サンフレッチェ広島は昨日2012/11/24、ついにJ1で初の年間優勝を決めた。
サンフレッチェ広島2012年優勝おめでとう

サンフレッチェ広島は1993年のJリーグ発足以来、当初からJリーグの参加チームとして活動してきたけど、年間優勝を決めたのは今回が初めて。
野球では広島カープが相変わらず成績が振るわないままだけど、まさかサッカーでサンフレッチェ広島が優勝するとは驚いた。
広島育ちの私としては、とてもうれしい。

サンフレッチェ広島の皆さん、応援してきたファンの皆さん、本当におめでとうございます。
今後もサンフレッチェ広島の活躍に期待しています。

http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2012/11/1124soccer/
・広島が悲願のJ1初制覇 仙台、最後に力尽きる - MSN産経フォト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A7%E5%BA%83%E5%B3%B6
・サンフレッチェ広島 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A7%E5%BA%83%E5%B3%B6%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E5%88%A5%E6%88%90%E7%B8%BE%E4%B8%80%E8%A6%A7
・サンフレッチェ広島の年度別成績一覧 - Wikipedia

VMware ESX/ESXiの仮想マシンでクイックフォーマットしたときのシンディスクのサイズ比較

前回の日記では、VMware ESX/ESXiのゲストOSがWindows Server 2008以降の場合、クイックフォーマットではなく通常フォーマットをすると、シンディスクが最大サイズまで拡張してしまう現象を取り上げました。
今回は仮想ディスクのサイズが4種類、そしてゲストOS内でディスクの初期化がMBR形式とGPT形式で違いがあるか確認してみました。

結論としてはMBR形式でもGPT形式でも、クイックフォーマット後のシンディスクのサイズに大きな差はなく、ほとんど同じでした。
やはり言える事は、仮想ディスクがシンタイプの場合、ゲストWindows OSからはクイックフォーマットするべし、です。

テストした環境は
仮想化ホスト:VMware ESXi 5.0
ゲストOS:Windows Server 2008 R2 SP1
ディスク0はWindows Server 2008 R2インストール済み (Windows2008R2.vmdk)

そこに仮想ディスクを4つ追加して、クイックフォーマットして、シンディスクのサイズを見てみます。
仮想ディスクのサイズは以下の4つで試しました。
仮想ディスクサイズ
仮想ディスク名
10GBWindows2008R2_1.vmdk
100GBWindows2008R2_2.vmdk
1TBWindows2008R2_3.vmdk
2TBWindows2008R2_4.vmdk


(写真1)仮想ディスク4つを作成した直後
仮想ディスク4つを作成した直後
4つの仮想ディスクのサイズはすべてゼロバイトです。

(写真2)仮想ディスク4つをMBR形式で初期化
仮想ディスク4つをMBR形式で初期化
4つの仮想ディスクのすべてをゲストOSからMBR形式で初期化しました。

(写真3)仮想ディスク4つが1MBに
仮想ディスク4つが1MBに
MBR形式で初期化すると、4つとも1MBのサイズになった。

(写真4)仮想ディスクをクイックフォーマット
仮想ディスクをクイックフォーマット
MBR形式で初期化した仮想ディスクをクイックフォーマットする。

(写真5)クイックフォーマット後の仮想ディスクサイズ
クイックフォーマット後の仮想ディスクサイズ
・80MB … 10GB (Windows2008R2_1.vmdk)
・95MB … 100GB (Windows2008R2_2.vmdk)
・124MB … 1TB (Windows2008R2_3.vmdk)
・164MB … 2TB (Windows2008R2_4.vmdk)

(写真6)仮想ディスク4つをGPT形式で初期化
仮想ディスク4つをGPT形式で初期化
4つの仮想ディスクのすべてをゲストOSからGPT形式で初期化しました。
MBR形式で初期化するよりも、Windowsからはディスクサイズが若干小さく認識されていますね。

(写真7)仮想ディスク4つが2MBに
仮想ディスク4つが2MBに
GPT形式で初期化すると、4つとも2MBのサイズになった。
MBR形式で初期化した場合は1MBなので、若干大きいですね。

(写真8)仮想ディスクをクイックフォーマット
仮想ディスクをクイックフォーマット
GPT形式で初期化した仮想ディスクをクイックフォーマットする。

(写真9)クイックフォーマット後の仮想ディスクサイズ
クイックフォーマット後の仮想ディスクサイズ
・81MB … 10GB   (Windows2008R2_1.vmdk)
・96MB … 100GB (Windows2008R2_2.vmdk)
・125MB … 1TB    (Windows2008R2_3.vmdk)
・157MB … 2TB    (Windows2008R2_4.vmdk)

MBR形式で初期化してクイックフォーマットした場合と比較して、GPT形式で初期化してクイックフォーマットした場合のシンディスクのサイズは、大きな差はありませんでした。
仮想ディスクサイズ
MBR形式GPT形式仮想ディスクファイル名
10GB80MB81MBWindows2008R2_1.vmdk
100GB95MB96MBWindows2008R2_2.vmdk
1TB124MB125MBWindows2008R2_3.vmdk
2TB164MB157MBWindows2008R2_4.vmdk

VMware ESX/ESXiの仮想マシンでシンディスクを使用する場合はクイックフォーマットを使用する

まとめから。

VMware ESX/ESXiの仮想マシンでシンディスクを使用する場合、ゲストOSがWindowsであればクイックフォーマットを使用しましょう。
クイックではないフォーマット(以下:標準フォーマット)を使うと、シンプロビジョニングで指定したすべてのサイズが物理的に割り当てられてしまい、シンディスクの意味がなくなってしまいます。

テストした環境は
仮想化ホスト:VMware ESXi 5.0
ゲストOS:Windows Server 2008 R2 SP1

ディスク0はWindows Server 2008 R2インストール済み (Windows2008R2.vmdk)
そこに仮想マシンに追加で1GBのシンディスクを2つ追加する状況を想定し、検証してみます。

(写真1)作成直後のシンディスク
作成直後のシンディスク
シンディスクを作成した直後はゼロバイトです。
・ディスク1は1GB中、0B使用 (Windows2008R2_1.vmdk)
・ディスク2は1GB中、0B使用 (Windows2008R2_2.vmdk)

(写真2)ディスクの初期化前
ディスクの初期化前
ゲストOSであるWindows Server 2008 R2のディスクの管理に、新たに作成した仮想ディスクが認識された。

(写真3)ディスクの初期化開始
ディスクの初期化開始
ディスクの初期化を開始します。

(写真4)ディスクの初期化
ディスクの初期化
新しく認識したディスク1とディスク2を対象として、今回はMBR形式で初期化します。

(写真5)ディスクの初期化後
ディスクの初期化後
ディスクの初期化は一瞬で終わり、ディスクの状態はオンラインになりました。

(写真6)ディスクの初期化直後のシンディスク
ディスクの初期化直後のシンディスク
MBR形式でディスクの初期化を行った後の仮想ディスクは、サイズがゼロから1024KB(1MB)になった。

(写真7)パーティション作成 - クイックフォーマット
パーティション作成 - クイックフォーマット
ディスク1にパーティションを作成します。

(写真8)パーティション作成 - クイックフォーマット
パーティション作成 - クイックフォーマット
新しいシンプルボリュームウィザードの開始。

(写真9)パーティション作成 - クイックフォーマット
パーティション作成 - クイックフォーマット
認識している全領域(1021MB)を対象にします。

(写真10)パーティション作成 - クイックフォーマット
パーティション作成 - クイックフォーマット
ドライブ文字にはDドライブを指定。

(写真11)パーティション作成 - クイックフォーマット
パーティション作成 - クイックフォーマット
ファイルシステムはNTFS、アロケーションユニットサイズは規定値、そしてクイックフォーマットのチェックは入れたままにする。

(写真12)パーティション作成 - クイックフォーマット
パーティション作成 - クイックフォーマット
新しいパーティションの作成とクイックフォーマットが完了。

(写真13)パーティション作成 - クイックフォーマット
パーティション作成 - クイックフォーマット
ディスク1がNTFSでクイックフォーマットされ、Dドライブの1パーティションになった。

(写真14)クイックフォーマット後のシンディスク
クイックフォーマット後のシンディスク
MBR形式で初期化した直後は1MBだったシンディスクが、クイックフォーマット後には32MBになった。

(写真15)パーティション作成 - 標準フォーマット
パーティション作成 - 通常フォーマット
ディスク2にもパーティションを作成します。

(写真16)パーティション作成 - 標準フォーマット
パーティション作成 - 通常フォーマット
新しいシンプルボリュームウィザードの開始。

(写真17)パーティション作成 - 標準フォーマット
パーティション作成 - 通常フォーマット
認識している全領域(1021MB)を対象にします。

(写真18)パーティション作成 - 標準フォーマット
パーティション作成 - 通常フォーマット
ドライブ文字にはEドライブを指定。

(写真19)パーティション作成 - 標準フォーマット
パーティション作成 - 通常フォーマット
ファイルシステムはNTFS、アロケーションユニットサイズは規定値、そしてクイックフォーマットのチェックは外す。

(写真20)パーティション作成 - 標準フォーマット
パーティション作成 - 通常フォーマット
新しいパーティションの作成と標準フォーマットが完了。

(写真21)パーティション作成 - 標準フォーマット
パーティション作成 - 通常フォーマット
ディスク2がNTFSで標準フォーマットされ、Eドライブの1パーティションになった。

(写真22)通常フォーマット後のシンディスク
通常フォーマット後のシンディスク
MBR形式で初期化した直後は1MBだったシンディスクが、標準フォーマット後には約1GB(1022MB)になった。


結果として、標準フォーマットではシンプロビジョニングで指定した仮想ディスクのサイズのほとんどが物理的に割り当てられてしまい、シンディスクの意味がありません。
シンディスクを使用する場合、ゲストWindows OSではクイックフォーマットを使用しましょう。

実はこれはWindows Server 2008 / Windows Vista以降からフォーマットの仕様が変更されたことに原因があるようです。
Windows Server 2003 / Windows XPまでは標準フォーマットでもシンディスクが一杯にはならなかったようですが、Windows Server 2008 / Windows Vista以降の標準フォーマットでは、全領域にゼロを埋め込むようになったため、この現象が発生してしまいます。

この辺が参考になります。

http://kb.vmware.com/kb/1005418
・VMware KB: Using thin provisioned disks with virtual machines
http://support.microsoft.com/kb/941961/ja
・Windows Vista の format コマンドの動作の変更
http://support.microsoft.com/kb/302686/ja
・Windows XP の "新規" インストール時のクイック フォーマットと標準フォーマットの違い

マイクロソフトのCPU、メモリ、ディスクの負荷ツール(CPUSTRES、TestLimit、SQLIO)

メモです。
MSDNブログにCPU、メモリ、ディスクの各負荷ツールの紹介がありました。(英語)

http://blogs.msdn.com/b/vijaysk/archive/2012/10/27/tools-to-simulate-cpu-memory-disk-load.aspx
・Tools To Simulate CPU / Memory / Disk Load - The Way I See It - Site Home - MSDN Blogs


CPUSTRES - Simulate High CPU Usage
TestLimit - Simulate High Memory Usage
SQLIO - Simulate High Disk Activity

近いうちに試してみます。

FC2ブログの検索バーを消す方法

いつの頃からかわからないけど、FC2ブログの最上部に勝手に検索バーが表示されるようになった。
検索だけならともかく宣伝も表示されてしまう。
正直言って、これが超邪魔だった。
これの消し方がやっとわかったので、メモ。

(写真1)検索バーが出ている状態
検索バーを利用しないに変更

(写真2)見事、検索バーが消えた
ここで設定変更ができる

(写真3)ここで設定変更ができる
見事、検索バーが消えた
管理画面から → 環境設定 → ブログの設定 → 検索バーの設定

(写真4)検索バーを利用しないに変更
検索バーが出ている状態
検索バーの利用を「利用しない」にして、更新ボタン

あー、スッキリした。

テスト中

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

ブログ検索
プロフィール

norimaki2000

norimaki2000のブログにようこそ
・2013/01/05テンプレートをsantaからhouseに変更
・2012/10/29テンプレートをsweet_donutsからsantaに変更
Follow norimaki2000 on Twitter気軽に話しかけてね

ニューヨーク・マンハッタン(タイムズスクェア)180×135

千葉県在住で東京都内に勤務。SE歴20年超えました。

昔々はオフコンで販売管理などのアプリケーション開発してた。
ファミリーレストランの無線オーダリングやPOS、キッチンプリンタの全国展開なんかもやっていました。
数年前まではWindows上のアプリケーション展開が多かったかな。
ここ数年はWindowsサーバーを中心としたサーバーインフラの提案・構築・保守を中心にやってます。
主な取り扱い製品は、
・Windows 2000 Server以降 (もちろんNT3.5やNT4.0も知っていますが)
・Active Directory (今で言うAD DS)
・Symantec Backup Exec
・Symantec System Recovery
・CA ARCserve Backup for Windows
・CA ARCserve Replication
・CA ARCserve D2D
・EMC RepliStor
・VMware vSphere
・某メーカーのクラスタソフトウェア

どれもこれも中途半端な知識と技術力ですが、なんとかやっています。
私自身は技術や製品を担当する立場ではなく、特定業種のお客さん(ユーザ企業)の対応窓口となるSEの役割りですから、必要であれば詳しい知識や経験豊富な別のSEを探してきてプロジェクトメンバに加えます。

もちろん小さな物件では自分で提案、インストール、お客さんへの導入、アフターサポートまでやります。
大きな物件では提案はやりますが、構築部分は専門部隊に依頼します。
その場合でもアフターサポート窓口は私がやりますので、お客さんに対しては一貫して窓口SEとなります。

サーバの世界の大きなトレンドは統合・仮想化。
2007年はVirtual Server 2005 R2によるサーバ仮想化も、2つのお客さんで本稼動させた。
2008年はVMware ESX 3.5を2セット構築。単純なローカル起動と、SANブート/VMotion/DRS/HA/VCBのフル装備もやった。
2009年はぜひHyper-Vの仮想環境を構築したいな。と思っていたが、なかなか機会に恵まれなかった。
2010年はVMware ESX 4.0でHA/VMotion/VCBバックアップを進行中。

そのほかにも、ドメインコントローラやファイルサーバの全国展開とデータ移行、特定のアプリケーションの実行基盤となるサーバ群のOS・バックアップ・DBクラスタなどインフラ部分の構築などをやっています。


2011年のポイントも引き続き、【ご利用は計画的に】。
今まで長年に渡って仕事も私生活も行き当たりばったりなので、少しでも物事を計画的に進められるようにしたい。
いつも計画性の無さが災いして多くの人に迷惑をかけています。
自分自身も計画的な仕事ができないため、いつもいろいろ苦労しています。
今年はさらに計画的に仕事をするようにしなきゃ。

それと若手を上手に使うようにならなきゃならん。
若手の育成はもちろんだけど、僕自身も仕事を上手に他の人に振ることができるようになりたい。
仕事の種類のせいなのか性格なのか、どうしても一人で抱え込んでしまうから。

【Twitter】2010年の元旦から始めました。平均して1日あたり10ツィート程度です。
仕事関連の呟きが少し、くだらない呟きがほとんどかな。
Follow norimaki2000 on Twitter
・norimaki2000 on Twitter

Follow norimaki2000 on Twitter
・norimaki2000 on Twilog


オンライン上ではあるけれど、今まで知らなかった人たちと交流する機会を得ることになり、非常に刺激を受けます。
仕事でも私生活でも、いろんな人のつぶやきは息抜きにもなり、また助けられたり、あるいは「もっとがんばんなきゃ」と励みになったりします。
Twitterを考え出した人の発想、システムとして作り上げた努力と情熱はすごい!!


【好きな音楽】ベテランの皆さんなら浜田省吾、尾崎豊、エコーズ、若手なら鬼束ちひろ、平原綾香、現在注目の若手はいきものがかり

【好きなアイドル】千葉県柏市を中心に活動する地元アイドルの「コズミック☆倶楽部」を激推し中です。

【好きな飲み物】シャンパンはご存知モエ・エ・シャンドン ブリュット アンペリアル、ビールはキリン ブラウマイスター、水ならビッテル、お茶ならキリン生茶

【好きなTVドラマ】Xファイル、24、ミレニアム、ER、CSI:科学捜査班シリーズ、NCIS:ネイビー犯罪捜査班、ザ・プラクティス、ボストン・リーガル



パソコン困り事相談もよろしく


最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
FC2カウンター
キーワード

Windows_Server VMware_ESX VMware vCenter_Server VMware_Player PowerShell PowerCLI vSphere_Client VirtualCenter Active_Directory vStorage_API Converter 文音 Windows Hyper-V コズミック☆倶楽部 Microsoft_Security_Essentials Windows_8 vSphere VMware_Converter Backup_Exec sora なるみん あいひょん カラオケ Windows_Server_2012 System_Center VCB Red_Hat_Enterprise_Linux SQL_Server Tech_Fielders メモリダンプ System_Recovery ARCserve_Backup RHEL Internet_Explorer ESX VMware_vSphere Oracle Directory Exec Symantec VMware_HA Server vSphere_CLI ジン子 マークス Active vMotion Firefox Backup Recovery NTFS System 麗美 XenServer schtasks Vista remi コズミック倶楽部 DRS SE キリン vCenter_Converter Twitter Office Oracle_Database Windows_Update Visual_Studio wevtutil 氷結 Sysinternals DMC-FZ1000 若手 スリムス ラガー 一番搾り食物繊維 ついにステップワゴンを契約してしまった ロッキー 糖質 サッポロ 日本赤十字社 洗車 洗濯 写真 バルボア のどごし生 フィット 東京国際フォーラム カーナビ おとなのおつまみ ベビースター おやつカンパニー えびしお 献血 白石美帆 セキュリティ スパリゾートハワイアンズ カルディ サクセス けんけつちゃん はばたき福祉事業団 スタローン セルシオ スパークリングウォーター corega 経済産業省 雨どい 人口甘味料 伊藤園 ポケモン・スタンプラリー シャンプー台のむこうに サーバ デュポン  お茶のチューハイ ジョシュ・ハートネット 神戸 北野 ウォーター ハワイ エイドリアン ブラックホーク・ダウン コロン ワイヤーアクション ムエタイ カーポート 高原 バーベキュー 映画 グレープフルーツ グランダム 掃除 鬼押し出し園 草津 関西空港 羽田 夏休み 万座温泉 マッハ キャンプ 東京タワー SAP バックアップ ARCserve_D2D ARCserve_Replication Virtual_Infrastructure vStorag_API Apache グループポリシー SkyDrive VMFS OpenOffice.org ULPC XP Word OEM DSP ジャンプフェスタ ITIL OpenOffice Tween HUAWEI OneDrive 浜田省吾 GR5 れみ Windows_Serverバックアップ Paper.li Linux VMware_ESXi Windows_Azure iStorage バッチ robocopy AWS IP38X/N500 NVR500 Uptime.exe USB2.0 CG CDRW-AB24JL CD CR-V CoolMax Gathers DVD CAB Brio 修復 破損 2008 圧縮 コマンドライン ATAPI 0x0000007B Hyperion IDE SUPPLEX STOPエラー wbadmin SweetGrass Thunderbird USB Tools Resource Replication NR-7900A Kit IZZE NetBackup OREZZA PCI PC-Success オレッツァ 

月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。