スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっと、ズボンに激しい染みが

27(火)のお昼に会社で弁当を食べていた。
食べ終わってビニール袋に包んで捨てようと思った。
が、そこで悲劇は起こった。

(写真1)ズボンに弁当の汁をこぼして激しい染みが
ズボンに弁当の汁をこぼして激しい染みが

(写真2)ズボンに弁当の汁をこぼして激しい染みが
ズボンに弁当の汁をこぼして激しい染みが

そのとき弁当の入れ物を傾けてしまい、中の汁がドバーっとこぼれてしまった。
しかもその汁は僕の履いていたスーツのズボンの左足太もも部分を直撃。
色は薄いものの広い面積で染みができてしまった。

あーん、困った。

しかもこの日は午後からお客さんのところに出かける予定があり、この変な染みがあるままお客さんのところに行って帰ってきた。
僕の不注意とは言え悲しい結末。
油分は少なく水分が多いから洗ったらきれいになると思うけど、それにしても少し憂鬱になるよ。
ふう。
スポンサーサイト

今日は子供の誕生日

本日、10月26日は子どもの誕生日です。
今日で14歳になります。

(写真1)誕生日と言えばやはりケーキでしょう
誕生日と言えばやはりケーキでしょう

(写真2)誕生日ケーキを食べてしまいました
誕生日ケーキを食べてしまいました

(写真3)景気付けのHAPPY BIRTHDAY横断幕
景気付けのHAPPY BIRTHDAY横断幕

ケーキは食べてしまったので残念ながら写真はありません。
ケーキの箱とろうそく、食べ終わったケーキの箱で雰囲気をお伝えします。


誕生日は今日10月26日なんだけど、26日は月曜日なので、25日(日)のうちにお誕生日おめでとうをやってしまいました。
子どもの好きなダレン・シャンの小説と、もこもこふわふわのパジャマセットをプレゼントした。
それから25(日)のAMは手賀沼エコマラソンの応援に行ったので、ついでに湖北のメヌエットでケーキを買っておいた。
14歳なので「1」と「4」のろうそくを買ったが、これが1本120円もしたので少々驚いたよ。
あ、メヌエットはこのあたりでは有名なケーキ屋さんです。


生意気でわがままで反抗ばかりする娘に言いたいことはたくさんあるんだけど、昨日はぐっとこらえて、お誕生日おめでとうの雰囲気を壊さないように努力したよ。


反抗期が続き、難しいお年頃の娘。
そろそろ成長して少し大人になって欲しいな。
もう少し勉強もがんばって欲しいな。

2010年版もマークス手帳を買いました

毎年同じことを書いているが。

そろそろ手帳には11月はもちろん、12月の予定が書き込まれるこの時期。
来年の手帳が気になる時期でもあります。
しかしお気に入りの一冊を探すのは結構大変。

(写真1)2010年版の手帳はアポイントメント・プランナー/ルーセント・カラーズ/ミント
2010年版の手帳はアポイントメント・プランナー/ルーセント・カラーズ/ミント
奥の茶色い手帳は現在使用中のマークス2009年版アポイントメント・プランナー/カレンダー。
手前のパステルカラーの水色のビニールカバー表紙の手帳が今回買った2010年版の手帳。

マークスの2010年版アポイントメント・プランナー/ルーセント・カラーズ/ミントの商品情報。


http://store.shopping.yahoo.co.jp/marks/10dr-av06-mi.html
・graphia > 2010手帳(スケジュール帳・ダイアリー) > アポイントメント・プランナー/ルーセント・カラーズ/ミント



(写真2)アポイントメント・プランナーシリーズは当然バーチカルタイプ
アポイントメント・プランナーシリーズは当然バーチカルタイプ
バーチカルタイプの説明は僕の以前の日記をどうぞ。


http://norimaki2000.blog48.fc2.com/blog-entry-382.html
・徒然なるままに > 2008年版もマークス手帳を買いました



今回も手帳選びは悩みに悩みぬきました。
ただし今回は他のメーカーには目もくれず、マークスの手帳の中からどれを選ぶかに悩んだよ。
これで5冊目のマークス手帳になるかな。
定番のA6サイズと一回り大きなB6サイズでも悩んだが、今回も携帯性に優れたA6サイズになってしまった。

2010年:マークス アポイントメント・プランナー/ルーセント・カラーズ/ミント
2009年:マークス アポイントメント・プランナー/カレンダー/茶色
2008年:マークス アポイントメント・プランナー/ジュルネ・ド・パリ/白色
2007年:マークス アポイントメント・プランナー/ワレット/青色×緑色
2006年:マークス アポイントメント・プランナー/ワレット/オレンジ色×紺色

ああ、今更ながら思うけど、やはりワレットシリーズは良かったなあ。
なんでなくなってしまったんだろう?。
復活して欲しいなあ。

僕の机の上は書類が山積みで卓上カレンダーさえ置けなかったから、2009年版の手帳で表紙にカレンダーが入るのはとても便利だった。
2010年版もカレンダーを考えたけど、ルーセントカラーズシリーズのパステル調の色がかわいいのと、storage.itシリーズのように表紙のビニール袋部分に小物が入れられるのが気に入って、今回はルーセントカラーズに決めました。

Windows 7が一般発売された

ここのところ仕事が忙しくてログインできなかった。

10月22日に予定通り、マイクロソフトのデスクトップOSの最新版「Windows 7」が一般向けに店頭発売された。
例によって秋葉原では、発売記念イベントをいろいろとやったみたいだ。


http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091022_323357.html
・【PC Watch】 秋葉原Windows 7 DSP版発売レポート ~通りを埋め尽くすほどの行列
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091022_323547.html
・【PC Watch】 ヨドバシカメラ、マルチメディアakibaでWindows 7発売イベント ~矢口真里さんやモモーイが登場しカウントダウン実施



前回の新しいデスクトップOSの発売は、2007年1月のWindows Vista。
それから2年9ヶ月と、OSの新バージョンとしては短い期間での発売だが、Windows 7への期待が高いためか、秋葉原では深夜に多くのお客さんが集まったらしい。
秋葉原のヨドバシカメラでは22日の朝8時から発売イベントをやっている。

会社の後輩のある人は、深夜のイベントにも、ヨドバシカメラの朝8時のイベントにも行って、Windows 7 Professionalを購入し、早速パソコンにインストールしたそうだ。
UltimateとProfessionalの主な違いはBitLockerと多言語対応。
彼曰く、価格差を考えるとProfessionalで十分とのこと。

僕の場合はお金を出して新しいOSを買う予定はないが、確かにProfessionalで十分だと思う。
リモートデスクトップによる接続、ドメイン参加、シャドウコピーによるファイルの世代管理、コンプリートバックアップ、Windows XP Modeなど、ProfessionalであればHome Premiumには存在しない、魅力的な機能が堪能できるから。

まあ不景気な世の中ですから、新製品の発表や発売でお祭り騒ぎをするのも悪くないよ。
残念ながら僕は今回を含めて今までそのようなイベントには行ったことがない。
次のWindowsでは行ってみようかな。

お気に入りだった長袖Tシャツに染みが

この長袖Tシャツ、お気に入りだったんだよなあ。
何年かぶりに引き出しから引っ張り出してみたら、茶色い染みが広範囲にわたってできていた。

(写真1)お気に入りだった長袖Tシャツに染みが
お気に入りだった長袖Tシャツに染みが

(写真2)長袖TCシャツの染みのアップ
長袖TCシャツの染みのアップ

あーん、とても残念。
気に入ってたのに、さすがにこれでは外には着て出れないなあ。
パジャマにでもするしかないかな。

カルディで買ったワイン

2週間くらい前にカルディで買ったワイン。
通常価格1280円くらいの品が、期間限定で690円くらいになっていた。

(写真1)カルディで買ったワインREDWOOD VINEYARDS
カルディで買ったワインREDWOOD VINEYARDS

(写真2)カルディで買ったワインREDWOOD VINEYARDSの表面ラベル
カルディで買ったワインREDWOOD VINEYARDSの表面ラベル

(写真3)カルディで買ったワインREDWOOD VINEYARDSの裏面ラベル
カルディで買ったワインREDWOOD VINEYARDSの裏面ラベル

家でワインも飲むけれど、別に通ではない。
いつももっと安いのを飲んでいるから、690円なんてどちらかと言うと高い方。^_^;
しかしこれはおいしかったので、翌週また同じのを買ってしまった。
ラベルにはこう書いてある。
REDWOOD VINEYARDS 2008 CALIFORNIA POINT NOIR
さわやかな感じではなく、どちらかと言うとしっかりした感じ。

マイクロソフトのサポート技術情報で「ご利用の Windows とは異なるバージョン向けの情報です」が表示される

いつごろからだろうか。最近のことだと思うけど。
マイクロソフトのサポート技術情報を見ることは多いんだけど、黄色い枠で囲まれた、こんなメッセージが表示されるようになった。

(写真1)お客様がご利用の Windows とは異なるバージョン向けの情報です
お客様がご利用の Windows とは異なるバージョン向けの情報です
この技術情報は、お客様がご利用の Windows とは異なるバージョン向けの情報です。記述内容がお客様の環境には適応しない場合があります。
Windows Vista サポート ページをご確認ください。


この画像はWindows Vista Ultimate SP2 + Firefox 3.5.4で、マイクロソフトのサポート技術情報のWindows Server 2003やWindows 2000 Server向けのページを表示したときの例。
確かにね、例えばWindows Vistaを使っている初心者が、Windows XP向けの技術情報を気づかないで自分に当てはまる情報だと思い込んでしまったりすることがあるかも。

まあ親切でこんな仕掛けをしたんだろう。


しかしサーバOSのブラウザで直接インターネットに接続して、マイクロソフトのサポート技術情報を見ることは稀だろうから、これからサーバOS向けの技術情報を検索するときはいつも目にすることになるんだろうね。

J:COMでニュースバードのアナログ放送が終了してしまった

norimaki2000さんはJ:COMのケーブルテレビを見ています。
よく見るチャネルランキングは
1.FOX (海外ドラマ)
2.AXN (海外ドラマ
3.ニュースバード (ニュース)
4.Super! drama TV (海外ドラマ
5.Movie Plus (映画)

以前は圧倒的にFOXだったけど最近はAXNとほとんど差がない。
もしかしたらAXNの方が見ているかもしれない。

特にみたい番組がない場合はたいていニュースバードを流している。
ニュースバードはTBSがやってる24時間ニュース専門チャネル。
これ良かったんだよなあ。
ニュースキャスターは素人に毛が生えた程度の新人ばかりだけど、夜中に流して時々見るには良かったんだよなあ。
いつでも好きなときにTVニュースを見ることができて。


(写真1)J:COMによるニュースバードのアナログ放送終了のお知らせ
J:COMによるニュースバードのアナログ放送終了のお知らせ

で、さっきいつものようにニュースバードを見ようとしたら。。。。
なーんと、大きく「アナログ放送終了のお知らせ」と表示されている。

短い時間でも毎日ほとんど見ていたのに、今までそんなお知らせはなかった思うんだけどなあ。
これはニュースバードと言うよりは、それを配信しているJ:COMの問題かな。
アナログ放送が終了することはわかっているが、それは2011年7月でしょ。
まさか2009年10月に終わってしまうとは。

まあCS放送とそれを配信しているCATV局の都合なんだろうけど。
東京の地上テレビ局(キー局)のアナログ放送はちゃんと2年後までやって欲しいね。

あ、
ウチではTVは3台が稼動していて、1台は地デジを見れるが、残りは純粋にアナログTVです。
僕の部屋にあるTVは、もう製造から25年くらい経過してる古いやつだよ。

なんと渋谷で飲み会

もう2週間近く前のことだけど、10月2日(金)に部で飲み会をやりました。
大規模な組織改革により9月まで僕がいた部は2つに別れ、一部の人たちはそのまま会社に残り、僕を含む一部の人たちはグループの別の会社に出向で出て行く。
と言うわけで最後のお別れ会みたいな感じかな。

いつもは会社の周辺で飲み会をやるのだが、幹事を若手に任せると今回は何故か渋谷の少しきれいな居酒屋で飲み会となった。

(写真1)金曜日の夜の渋谷センター街の風景
金曜日の夜の渋谷センター街の風景
カメラ:DMC-FX07、ISO感度:160、レンズF値:F2.8、露出:1/15秒、焦点距離:4.6mm(35mmカメラ換算:34mm)、露出補正:+0.7EV
撮影:2009/10/02 21:06

(写真2)JR渋谷駅前交差点の風景
JR渋谷駅前交差点の風景
カメラ:DMC-FX07、ISO感度:200、レンズF値:F2.8、露出:1/5秒、焦点距離:4.6mm(35mmカメラ換算:28mm)、露出補正:+0.7EV
撮影:2009/10/02 21:21


(写真3)地下鉄半蔵門線の改札付近の風景
地下鉄半蔵門線の改札付近の風景
カメラ:DMC-FX07、ISO感度:100、レンズF値:F2.8、露出:1/15秒、焦点距離:4.6mm(35mmカメラ換算:28mm)、露出補正:+0.3EV
撮影:2009/10/02 21:23

渋谷で飲み会かあ。
もう10年くらいやってないかも。
新人のころは毎日のように飲んでいたような気がする。
週末は毎週朝まで飲んでいたような気もする。
しかし渋谷なんか行かなくなってもう長年たってしまった。
今でも賑わっていて何故か少し安心したよ。

しかし圧巻はポップティーン創刊29周年のポスター。
おいおい、いったい何枚貼ってるんじゃ?。

職場の引越し

10月13日(火)から新しい職場に引っ越しました。
それまで10年近くとあるビル、20年も都心のとある地区に勤務していたが、これからは都心から少し離れた場所で働くことになった。

(写真1)引越し準備中の旧職場
引越し準備中の旧職場

写真は10月9日(金)の夜、今まで勤めていた職場。
このフロアの大半のSEがあちこちに異動する事になったため、みんな荷物を段ボール箱に詰めて引越しの準備をした。
10(土)、11(日)、12(月)の3連休で引越し屋さんが荷物を運んでくれた。
13(火)からは異動先の会社で仕事を開始した。

しかし初日からとある大事なものが見つからず、新しい職場で右往左往。
結局旧職場まで探しに戻り、それを見つけ出し、事なきを得たが、そのことで一騒動起こしてしまった。

皆さん、引越しのときは忘れ物無いように十分ご注意を。

ウイルスバスターから契約更新のお知らせが

ウイルスバスターの契約期間は12月31日まで。
毎年12月の末ごろに契約更新の手続きをしている。
10月12日にはこのポップアップが表示された。

(写真1)ウイルスバスターから契約更新のお知らせポップアップ
ウイルスバスターから契約更新のお知らせポップアップ

契約期間は残り2ヵ月半。
早期に契約更新をすると、3年契約の場合は契約期間が3ヶ月くらい追加でおまけしてくれる。
しかし1年契約の場合は早期契約更新でも特におまけはないので、ぎりぎりまで粘ろう。

ウイルス対策ソフトはMicrosoft Security Essentialsでもいいような気がするが、嫁さんのパソコンはウイルスバスターの方がいいような気もするし。
あとの2ヶ月間考えましょう。

Microsoft Security Essentialsのインストールその3

その1でインストール、その2で設定画面。
今回はウイルステストファイルでの試験です。

ウイルスのテストと言えば、何はなくてもご存知のEICARウイルステストファイルです。
メモ帳などのテキストエディタで、以下の文字列をeicar.comの名前で保存すると、ウイルスのテストファイルの出来上がりです。
X5O!P%@AP[4\PZX54(P^)7CC)7}$EICAR-STANDARD-ANTIVIRUS-TEST-FILE!$H+H*

(写真1)保存されたeicar.comウイルステストファイル
保存されたeicar.comウイルステストファイル

(写真2)Microsoft Security Essentialsからの警告がポップアップするので「詳細の表示」
Microsoft Security Essentialsからの警告がポップアップするので「詳細の表示」

(写真3)さらに「詳細の表示」
さらに「詳細の表示」

(写真4)推奨は削除、そのほかに検疫と許可が選択肢となっている
推奨は削除、そのほかに検疫と許可が選択肢となっている

(写真5)削除を選んで「操作の適用」
削除を選んで「操作の適用」

(写真6)ウイルステストファイルの削除中
ウイルステストファイルの削除中

(写真7)ウイルステストファイルの削除完了
ウイルステストファイルの削除完了

(写真8)確かにeicar.comウイルステストファイルは削除された
確かにeicar.comウイルステストファイルは削除された

(写真9)Microsoft Security Essentialsの履歴画面にはばっちり表示されている
Microsoft Security Essentialsの履歴画面にはばっちり表示されている

このテストを何度か試したんだけど、確かにウイルステストファイルは削除されたし、Microsoft Security Essentialsの履歴画面にも表示されている。
もちろんeicar.comがlzh形式やzip形式に圧縮されていても検出する。


なんか、ウイルス対策ソフトはこれで十分な気がしてきたが、まだなんとも言えないな。
雑誌とかでウイルス検出のテストをやってくれるといいんだけど。

Microsoft Security Essentialsのインストールその2

その1ではインストールを行った。
今回は設定などの確認です。

(写真1)タスクトレイのMicrosoft Security Essentialsアイコン
タスクトレイのMicrosoft Security Essentialsアイコン

(写真2)セキュリティセンターのウイルス対策にもMicrosoft Security Essentialsが表示される
セキュリティセンターのウイルス対策にもMicrosoft Security Essentialsが表示される

(写真3)通常時のMsMpEng.exeのプロセス
通常時のMsMpEng.exeのプロセス

(写真4)Microsoft Security Essentialsのメイン画面
Microsoft Security Essentialsのメイン画面

(写真5)Microsoft Security Essentialsの定義ファイル更新画面
Microsoft Security Essentialsの定義ファイル更新画面

(写真6)Microsoft Security Essentialsウイルス検出の履歴画面
Microsoft Security Essentialsウイルス検出の履歴画面

(写真7)Microsoft Security Essentials設定画面 - スキャンスケジュール
Microsoft Security Essentials設定画面 - スキャンスケジュール

(写真8)Microsoft Security Essentials設定画面 - 規定の操作
Microsoft Security Essentials設定画面 - 規定の操作

(写真9)Microsoft Security Essentials設定画面 - リアルタイム保護
Microsoft Security Essentials設定画面 - リアルタイム保護

(写真10)Microsoft Security Essentials設定画面 - 除外されたファイルと場所
Microsoft Security Essentials設定画面 - 除外されたファイルと場所

(写真11)Microsoft Security Essentials設定画面 - 除外されたファイルの種類
Microsoft Security Essentials設定画面 - 除外されたファイルの種類

(写真12)Microsoft Security Essentials設定画面 - 除外されたプロセス
Microsoft Security Essentials設定画面 - 除外されたプロセス

(写真13)Microsoft Security Essentials設定画面 - 詳細設定
Microsoft Security Essentials設定画面 - 詳細設定

(写真14)Microsoft Security Essentials設定画面 - Microsoft SpyNet
Microsoft Security Essentials設定画面 - Microsoft SpyNet


Microsoft Security Essentials 1.0はファイアウォール機能はなく、純粋なウイルス対策のみ。
そのため設定画面もいたってシンプルでわかりやすく、迷うことがなさそう。
まあ設定も変更することはなく、規定値のままで問題ないでしょう。


規定のインストールパスはここ。
C:\Program Files\Microsoft Security Essentials

このフォルダのdirはこんな感じ。
C:\Program Files\Microsoft Security Essentials>dir /o:n
 ドライブ C のボリューム ラベルは WindowsXP です
 ボリューム シリアル番号は 443D-F96A です

 C:\Program Files\Microsoft Security Essentials のディレクトリ

2009/10/10  18:27    <DIR>          .
2009/10/10  18:27    <DIR>          ..
2009/10/10  18:27    <DIR>          Backup
2009/10/10  18:27    <DIR>          Drivers
2009/10/10  18:27    <DIR>          en-us
2009/10/10  18:27    <DIR>          ja-jp
2009/07/21  15:54            38,768 MpAsDesc.dll
2009/07/02  17:35           444,784 MpClient.dll
2009/07/02  17:36           203,800 MpCmdRun.exe
2009/07/02  17:35           230,768 MpCommu.dll
2009/07/21  15:54            22,400 MpEvMsg.dll
2009/07/02  17:35            62,832 MpOAv.dll
2009/07/02  17:35           343,920 MpRTP.dll
2009/07/02  17:35           763,760 MpSvc.dll
2009/07/02  17:35            64,368 MsMpCom.dll
2009/07/02  17:36            17,904 MsMpEng.exe
2009/07/02  17:35             9,072 MsMpLics.dll
2009/09/13  18:52           511,768 MsMpRes.dll
2009/09/13  18:52         1,048,392 msseces.exe
2009/09/13  18:52           712,088 Setup.exe
2009/09/13  18:52             9,608 SetupRes.dll
2009/09/13  18:52           434,488 shellext.dll
2009/09/13  18:52           665,744 Update.exe
2009/09/13  18:52             9,624 UpdateRes.dll
              18 個のファイル           5,594,088 バイト
               6 個のディレクトリ     322,772,992 バイトの空き領域


拡張子.exeは以下の5つ。
MpCmdRun.exe
MsMpEng.exe
msseces.exe
Setup.exe
Update.exe


msseces.exeはMicrosoft Security Essentialsの管理画面。
Setup.exeやUpdate.exeは読んで字のごとくでしょう。たぶん。
これら3つのファイルはアイコンが絵になっているが、MpCmdRun.exeとMsMpEng.exeの2つはMS-DOSのアイコンのまま。
MsMpEng.exeは常駐しているが、MpCmdRun.exeは起動していない。

MsMpEng.exeは/?付きで実行すると、何もメッセージは表示されずそのままもうひとつのMsMpEng.exeが起動するだけ。
MpCmdRun.exeを/?付きで実行すると、以下のヘルプ画面が表示された。

このフォルダのdirはこんな感じ。
C:\Program Files\Microsoft Security Essentials>MsMpEng.exe /?

C:\Program Files\Microsoft Security Essentials>MpCmdRun.exe /?
Microsoft Antimalware Service Command Line Utility (c)2006-2008 Microsoft Corp
Use this tool to automate and troubleshoot Microsoft Antimalware Service

Usage:
MpCmdRun.exe [command] [-options]

Command Description
   -? / -h                         Displays all available options for this tool
   -Trace [-Grouping #] [-Level #] Starts diagnostic tracing
   -RemoveDefinitions [-All]       Restores the installed signature definitions
                                   to a previous backup copy or to the original
                                   default set of signatures
   -RestoreDefaults                Resets the registry values for
                                   Microsoft Antimalware Service
                                   settings to known good defaults
   -SignatureUpdate [-UNC]         Checks for new definition updates
   -Scan [-ScanType]               Scans for malicious software
   -Restore -Name <name> [-All]    Restore the most recently or all quarantined
                                   item(s) based on name
   -GetFiles                       Collects support information

Additional Information:

Support information will be in the following directory:
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Microsoft\Microsoft Antimal
ware\Support

   -Scan [-ScanType]
        0  Default, according to your configuration
        1  Quick scan
        2  Full system scan

   -Trace [-Grouping value] [-Level value]
        Begins tracing Microsoft Antimalware Service's actions.
        You can specify the components for which tracing is enabled and
        how much information is recorded.
        If no component is specified, all the components will be logged.
        If no level is specified, the Error, Warning and Informational levels
        will be logged. The data will be stored in the support directory
        as a file having the current timestamp in its name and bearing
        the extension BIN.

        [-Grouping]
        0x1    Service
        0x2    Malware Protection Engine
        0x4    User Interface
        0x8    Real-Time Protection
        0x10   Scheduled actions

        [-Level]
        0x1    Errors
        0x2    Warnings
        0x4    Informational messages
        0x8    Function calls
        0x10   Verbose
        0x20   Performance

   -GetFiles
        Gathers the following log files and packages them together in a
        compressed file in the support directory

        - Any trace files from Microsoft Antimalware Service
        - The Windows Update history log
        - All Microsoft Antimalware Service events from the System event log
        - All relevant Microsoft Antimalware Service registry locations
        - The log file of this tool
        - The log file of the signature update helper tool

   -RemoveDefinitions
        Restores the last set of signature definitions

        [-All]
        Removes any installed signature and engine files. Use this
        option if you have difficulties trying to update signatures.

        [-DynamicSignatures]
        Removes all Dynamic Signatures.

   -RestoreDefaults
        Resets all configuration options to their default values; this is the
        equivalent of running Microsoft Antimalware Service setup
        unattended.

   -SignatureUpdate
        Checks for new definition updates

        [-UNC]
        Performs update directly from UNC file shares

   -Restore -Name <name>
        Restores the most recently quarantined item based on name

        [-All]
        Restores all the quarantined items based on name

   -AddDynamicSignature -Path <path>
        Adds a Dynamic Signature specified by <path>

   -RemoveDynamicSignature -Name <name>
        Removes a Dynamic Signature specified by <name>


C:\Program Files\Microsoft Security Essentials>

Microsoft Security Essentialsのインストールその1

マイクロソフトから無料のウィルス対策ソフトMicrosoft Security Essentialsがリリースされた。
早速10年前の古いパソコンにインストールしてみた。
今回はインストール編です。

インストールしたパソコンのスペックはこれ。
ちょっとと言うか、かなり歴史を感じてしまうほどのスペック。
・CPU Athlon 750MHz
・メモリ 384MB
・OS Windows XP Professional SP3
・HDD ST360021A 7200rpm

まずはマイクロソフトからダウンロードしたセットアップファイル「mssefullinstall-x86fre-ja-jp-xp.exe」を実行する。

(写真1)Microsoft Security Essentials 1.0インストールウィザード
Microsoft Security Essentials 1.0インストールウィザード

(写真2)Microsoft Security Essentials使用許諾契約書への同意
Microsoft Security Essentials使用許諾契約書への同意

(写真3)Microsoft Windows正規品の検証開始
Microsoft Windows正規品の検証開始

(写真4)Microsoft Windows正規品と検証された
Microsoft Windows正規品と検証された

(写真5)Microsoft Security Essentialsインストール準備完了
Microsoft Security Essentialsインストール準備完了

(写真6)Microsoft Security Essentialsインストール開始
Microsoft Security Essentialsインストール開始

(写真7)Microsoft Security Essentialsインストール完了
Microsoft Security Essentialsインストール完了

(写真8)Microsoft Security Essentials定義ファイルの更新が自動で実行される
Microsoft Security Essentials定義ファイルの更新が自動で実行される

(写真9)Microsoft Security Essentialsクイックスキャンが自動で実行される
Microsoft Security Essentialsクイックスキャンが自動で実行される

(写真10)Microsoft Security Essentialsクイックスキャン中に状態が「保護されています」に
Microsoft Security Essentialsクイックスキャン中に状態が「保護されています」に

(写真11)Microsoft Security Essentialsクイックスキャン中はMsMpEng.exeがCPUを占有
Microsoft Security Essentialsクイックスキャン中はMsMpEng.exeがCPUを占有

(写真12)Microsoft Security Essentialsクイックスキャンが正常終了
Microsoft Security Essentialsクイックスキャンが正常終了


これくらい古いパソコンでも、Microsoft Security Essentialsのインストールは5分くらい。
初回の定義ファイルアップデートに7分程度。
初回のクイックスキャンに15分程度。
クイックスキャンは実行中のメモリ、Cドライブの一部のファイル、レジストリをスキャンしているみたいだけど、詳しいスキャン対象はわからない。
クイックスキャン中のCPU使用率はほぼ100%だが、パソコンが動かないほどではなかった。

これでインストールと定義ファイルの更新、クイックスキャンが終了した。

Thunderbird 3のBeta 4が公開された

気づかなかった。
Thunderbird 3 Beta 4がリリースされていた。

(写真1)Thunderbird 3 Beta 4へのアップデート通知
Thunderbird 3 Beta 4へのアップデート通知

(写真2)Thunderbird 3 Beta 4のバージョン情報
Thunderbird 3 Beta 4のバージョン情報

(写真3)Thunderbird 3 Beta 4目玉機能のインデックスによる全文検索
Thunderbird 3 Beta 4目玉機能のインデックスによる全文検索


会社のパソコンでも当然Thunderbird 3 Beta 3を使っている。
しかしなぜか会社の環境ではThunderbirdのアップデート通知がされない。
手動でソフトウェアの更新を実行しても、接続できないとか何とかのメッセージが出てタイムアウトしてしまう。
しかしFirefoxのアップデートは自動で通知されるし、もちろん手動でソフトウェアの更新を実行しても、アップデートは検出される。
Firefoxのアップデート通知のポートは通って、Thunderbirdのアップデート通知のポートは閉じられてるのかな?。

家のパソコンでThunderbirdでのメール受信は月に1度もやらないんだよね。
最近は家でメールのやり取りはほとんどしていないし、主にHotmailを使っているし、たまにThunderbirdでメールチェックしても、数百件のスパムを受け取るだけだし。
そんなこんなでThunderbirdのアップデートのリリースに気づくのが遅れてしまった。


今回の目玉は、全文検索機能。
Thunderbird 3 Beta 4にアップデートして、Thunderbirdを再起動すると、自動で全文検索用のインデックスを作成する。
メールの送信者や宛先、件名はもちろん、メール本文やRSS受信文まで含めて一瞬で検索してくれる。

CPU Athlon 750MHz
メモリ 384MB
OS Windows XP Professional SP3
HDD ST360021A 7200rpm
メーラ Thunderbird 3 Beta 4

この今から10年位前のスペックで、ThunderbirdのメールとRSSの件数合計が約28000件に対してキーワード「Windows Server 2008 R2」で全文検索。
ヒットするのは24件で、結果が出るまでは2秒程度かな

これは結構使えそうだよ。


http://www.mozillamessaging.com/en-US/thunderbird/3.0b4/releasenotes/
・Thunderbird 3 Beta 4 Release Notes
http://www.mozillamessaging.com/en-US/thunderbird/early_releases/downloads/
・Thunderbird 3.0 Beta 4 Preview Release


Thunderbird 3リリースの軌跡。
・Thunderbird 3 Beta 4 Gecko/20090915 Thunderbird/3.0b4
・Thunderbird 3 Beta 3 Gecko/20090715 Thunderbird/3.0b3
・Thunderbird 3 Beta 2 Gecko/20090223 Thunderbird/3.0b2
・Thunderbird 3 Beta 1 Gecko/20081204 Thunderbird/3.0b1

Firefox 3.5.4のリリース

またまたFirefoxにソフトウェアの更新が通知されたので、そのままオンラインアップデート。
今回はFirefox 3.5.4のベータ版がリリースされたようだ。
例によって現時点ではまだFirefox 3.5.4 Betaです。

(写真1)Firefox 3.5.4のバージョン情報
Firefox 3.5.4のバージョン情報


http://www.mozilla.com/en-US/firefox/3.5.4/whatsnew/
・Firefox Updated
http://www.mozilla.com/en-US/firefox/3.5.4/releasenotes/
・Mozilla Firefox 3.5.3 Beta Release Notes



ではFirefox 3.1 Beta 1から3.5.4までの軌跡。
・Firefox 3.5.4 Gecko/20091007 Firefox/3.5.4
・Firefox 3.5.3 Gecko/20090824 Firefox/3.5.3
・Firefox 3.5.2 Gecko/20090729 Firefox/3.5.2
・Firefox 3.5.1 Gecko/20090715 Firefox/3.5.1
・Firefox 3.5 RC3 Gecko/20090624 Firefox/3.5 (Firefox 3.5正式版と同じ)
・Firefox 3.5 RC2 Gecko/20090616 Firefox/3.5
・Firefox 3.5 RC1 Gecko/20090615 Firefox/3.5
・Firefox 3.5 Preview Gecko/20090605 Firefox/3.5b99
・Firefox 3.5 beta 4 Gecko/20090423 Firefox/3.5b4
・Firefox 3.1 beta 3 Gecko/20090305 Firefox/3.1b3
・Firefox 3.1 beta 2 Gecko/20081201 Firefox/3.1b2
・Firefox 3.1 beta 1 Gecko/20081007 Firefox/3.1b1

Red Hatとマイクロソフトが共同でサーバの仮想化のサポートを開始

今年の2月22日付の日記で、この件の発表記事について書いた。
今度はついに、その、サーバ仮想化についての共同でのサポートが開始された。


http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091008/338548/
・ITpro > Red HatとMS,RHEL/Windows Server混在サーバー仮想化の共同サポートを開始
http://www.jp.redhat.com/news_releases/2009/10092009.html
・レッドハット > Red HatとMicrosoft、仮想化環境の協調サポートを提供



サポート環境は2パターン

(1)Hyper-Vホスト上のRHELゲスト
サーバ仮想化のホスト環境は
・Red Hat Enterprise Linux 5.4 + KVM (Kernel Virtual Machine)
サポートされるゲストOSは
・Microsoft Windows Server 2003
・Microsoft Windows Server 2008
・Microsoft Windows Server 2008 R2

(2)RHELホスト上のWindows Serverゲスト
サーバ仮想化のホスト環境は
・Microsoft Windows Server 2008 Hyper-V
・Microsoft Hyper-V Server 2008
・Microsoft Windows Server 2008 R2 Hyper-V
・Microsoft Hyper-V Server 2008 R2
サポートされるゲストOSは
・Red Hat Enterprise Linux 5.2
・Red Hat Enterprise Linux 5.3
・Red Hat Enterprise Linux 5.4


KVMで仮想化ハイパーバイザ市場にデビューするRed Hatにとって、KVM上のゲストWindows ServerがマイクロソフトのSVVPに合格することは非常に意味が大きい。
マイクロソフトにとっても、今まで「ゲストRHELを利用するならVMware」だったのを、「Hyper-V上でRHELをサポートしますよ」は非常に大きなセールスポイント。

両社にとってもそれらを利用するユーザにも、販売や構築を担当するSIerにとってもかなり大きなインパクト。
今まで「仮想化ならVMware ESX」の独壇場だったけど、少しずつ変わるかもね。



https://hardware.redhat.com/list.cgi?product=Red+Hat+Hardware+Certification&quicksearch=Hyper-V
・redhat.com > Certified Hardware > Hyper-V
http://windowsservercatalog.com/results.aspx?&bCatID=1521&cpID=0&avc=0&ava=0&avq=0&OR=1&PGS=100
・Windows Server Catalog > SVVP > Products


今日現在、Red HatのCertified HardwareでHyper-Vを検索すると、確かにHyper-V Server 2008/Hyper-V Server 2008 R2/Windows Server 2008 Hyper-V/Windows Server 2008 R2 Hyper-Vの4つのパターンでRHELゲストがサポートされている。
ただし現時点で表示されているのはRHEL 5.2 のx86とx86_64だけがサポートされている。
RHEL 5.3や5.4はまだ表示されていないけど、時間の問題かもね。

マイクロソフトのSVVPのサイトにもRed Hat Enterprise Linux 5.4が表示されていて、Windows Server 2008 R2 x64の試験に合格したとある。
マイクロソフトのSVVPではそれに合格した場合はWindows Server 2008/Windows Server 2003 SP2/Windows 2000 Server SP4およびそれぞれそれ以降のサービスパックに対し、それぞれ32ビットとx64について合格したとみなされる。

Microsoft Security Essentialsが正式リリース

有料製品のWindows Live OneCareの販売を終了してまで、マイクロソフトは無料の後継製品となるMicrosoft Security Essentialsをついに正式にリリースした。


http://builder.japan.zdnet.com/news/story/0,3800079086,20400786,00.htm
・MS、無料ウイルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」を正式リリース - builder by ZDNet Japan
http://builder.japan.zdnet.com/sp/windows-7/story/0,3800092267,20401138,00.htm
Microsoft Security Essentialsは他社製セキュリティソフトを駆逐するか? - builder by ZDNet Japan


Microsoft Security EssentialsはWindowsとのバンドルはないらしい。
当面はPCメーカがプリインストール出荷する予定はないが、将来の可能性は否定していない。
ウイルス対策ソフトは各社がしのぎを削っているが、マイクロソフトがそれに入っていけるかどうか。
しかし「無料」はポイント高いよなあ。
僕も近いうちにどれかのパソコンにインストールしてみよっと。


ここからダウンロード可能。
Webページは英語だけど、ダウンロードボタンを押して日本語版も選択可能。


http://www.microsoft.com/security_essentials/resources.aspx?mkt=en-us&s=1#mainNav
Microsoft Security Essentials > Security Essentials System Requirements


このシステム要件によれば
・Windows XP (SP2、SP3)
・Windows Vista (SP1、SP2)
・Windows 7
・CPU 500MHz以上(Windows XP)、1GHz以上(Windows Vista、Windows 7)
・メモリ 1GB以上
・ブラウザ IE6以降、Firefox 2.0以降
・Windows 7のWindows XP Modeをサポート


2009/10/11 02:13 追記

英語Webページだけではなく、日本語Webページも見つけたのでメモ。


http://www.microsoft.com/security_essentials/resources.aspx?mkt=ja-jp&s=1#mainNav
Microsoft Security Essentials > Security Essentials システム要件

Windows 7 XP Modeの開発が完了

少しだけWindows関連のニュースを。

Windows 7そのものの開発はすでに完了してTechNet PlusやMSDNはもちろん、ボリュームライセンスでの正式版の提供は始まっている。
Windows 7に搭載される機能の中でも話題のWindows 7 XP Modeも開発が完了したとのこと。


http://builder.japan.zdnet.com/news/story/0,3800079086,20400959,00.htm
・MS、「Windows 7 XP Mode」の開発を完了--提供開始日を明らかに - builder by ZDNet Japan



Windows 7が一般に発売される10月22日にはWindows 7 XP Modeの提供も間に合うらしい。
またパソコンメーカー各社はWindows 7 XP Modeをプリインストールした状態での出荷も可能。

すでに皆さんご存知だと思うが、Windows 7 XP Modeは、Windows Virtual PCとその上で稼動するWindows XP SP3のセットのこと。
Windows 7上で正しく動作しないアプリケーションを稼動させる最終兵器。
企業向けではまったく進んでいないWindows Vista導入の問題に、これで一気に決着を付け、Windows 7を普及させるためマイクロソフトはWindows 7 XP Modeを提供開始する。

Windows 7 XP Modeが利用可能なWindows 7のエディションはこの3つ。
・Windows 7 Professional
・Windows 7 Enterprise
・Windows 7 Ultimate

またCPUには仮想化支援機能の搭載が必須です。
(正確には、BIOSでCPUの仮想化支援機能を有効にする機能も必要)

サブウェイのチーズローストチキン

norimaki2000さんはサブウェイ好きです。
ファストフード店の中では1番好きです。(マクドナルドも好きですよ)

(写真1)サブウェイのチーズローストチキン
サブウェイのチーズローストチキン

先週のことだけど、いろいろあってお昼ごはんを食べることができないまま、午後からあるお客さんと打ち合わせをしていた。
それが終わって「ああ腹減った」となり、近くの飲食店を探す。
ありました、サブウェイが。

パンはハニーオーツのレギュラーサイズ15cmで、チーズローストチキンは450円とやや高価。
それにアイスカフェラテをドリンクセットにしてプラス180円、サイズをMにしてさらに30円増し。
合計で660円なり。
チーズローストチキンもカフェラテもおいしいんだけど、やはりちょっと高いよね。

こうして15:45にやっとお昼ご飯を食べることができました。

ベビースタードデカイラーメンチキン南蛮味

これ、気になっていたんだよなあ。
先週の土日に1袋買ったけど、子どもが全部食べてしまって、僕は食べることができなかった。
今週の土曜日にもう1袋買って、やっと食べることができたよ。

(写真1)ベビースタードデカイラーメンチキン南蛮味
ベビースタードデカイラーメンチキン南蛮味

(写真2)ベビースタードデカイラーメンチキン南蛮味の袋背面
ベビースタードデカイラーメンチキン南蛮味の袋背面

食べてみて、これが意外とおいしい。
ベビースターラーメン自体は普通といえば普通だが、味付けはまさにチキン南蛮。
甘酸っぱい感じが見事。
ちょっと味付けが濃すぎる気がするが、そこはスナック菓子だからある程度は仕方ない。

チキン南蛮で提携している「味のおぐら」は宮崎のお店で、チキン南蛮発祥のお店と言われているそうだ。
実は嫁さんは昔宮崎に住んでいたことがあって、味のおぐらでチキン南蛮を食べたことがあるらしい。
ベビースターラーメンのよりも本物のチキン南蛮の方がおいしいらしいが、そりゃそうだろ。

2016年東京オリンピック開催を祈願した東京タワー

これは10月2日(金)の夜の東京タワーです。

(写真1)2016年東京オリンピック開催を祈願した東京タワー
2016年東京オリンピック開催を祈願した東京タワー

その10月2日(金)の夜中と言うか、3(土)の未明というか。
夜中にたまたまTVを見ていたら、コペンハーゲンで行われているIOC総会が中継されていた。
2016年のオリンピック開催地の候補はシカゴ、東京、マドリード、リオデジャネイロが争い、結果は皆さんご存知のとおり、リオデジャネイロに決定。

もし東京でオリンピックが行われるならぜひ見に行きたいと思っていたが、選ばれなくて残念。
でも1964年に東京でオリンピックをやってるし、まだ南米ではオリンピックは開催されていないし。
途上国の発展のためにも、ぜひリオデジャネイロでオリンピックを成功させて欲しいね。

ピンクリボン運動でピンク色の東京タワー

乳がんの早期発見の大切さをアピールする「ピンクリボン運動」の一環で、昨日は都内でも多くの建物がピンクリボン色にライトアップされていた。
東京タワーもご覧のとおり。

(写真1)ピンク色の東京タワー
ピンク色の東京タワー

(写真2)その東京タワーの写真を撮る人たち
その東京タワーの写真を撮る人たち

(写真3)その東京タワーの写真を撮る人たち
その東京タワーの写真を撮る人たち

もう毎年恒例になって、定着している感があるね。
ピンク色の東京タワーは人目を引くため、写真を撮っている人が多いこと多いこと。
まあそういう僕も写真を撮ってるんだけど。

女性の皆さん、早期発見早期治療のため検診をお勧めします。
男性は乳がんにならないのかな?。

テスト中

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

ブログ検索
プロフィール

norimaki2000

norimaki2000のブログにようこそ
・2013/01/05テンプレートをsantaからhouseに変更
・2012/10/29テンプレートをsweet_donutsからsantaに変更
Follow norimaki2000 on Twitter気軽に話しかけてね

ニューヨーク・マンハッタン(タイムズスクェア)180×135

千葉県在住で東京都内に勤務。SE歴20年超えました。

昔々はオフコンで販売管理などのアプリケーション開発してた。
ファミリーレストランの無線オーダリングやPOS、キッチンプリンタの全国展開なんかもやっていました。
数年前まではWindows上のアプリケーション展開が多かったかな。
ここ数年はWindowsサーバーを中心としたサーバーインフラの提案・構築・保守を中心にやってます。
主な取り扱い製品は、
・Windows 2000 Server以降 (もちろんNT3.5やNT4.0も知っていますが)
・Active Directory (今で言うAD DS)
・Symantec Backup Exec
・Symantec System Recovery
・CA ARCserve Backup for Windows
・CA ARCserve Replication
・CA ARCserve D2D
・EMC RepliStor
・VMware vSphere
・某メーカーのクラスタソフトウェア

どれもこれも中途半端な知識と技術力ですが、なんとかやっています。
私自身は技術や製品を担当する立場ではなく、特定業種のお客さん(ユーザ企業)の対応窓口となるSEの役割りですから、必要であれば詳しい知識や経験豊富な別のSEを探してきてプロジェクトメンバに加えます。

もちろん小さな物件では自分で提案、インストール、お客さんへの導入、アフターサポートまでやります。
大きな物件では提案はやりますが、構築部分は専門部隊に依頼します。
その場合でもアフターサポート窓口は私がやりますので、お客さんに対しては一貫して窓口SEとなります。

サーバの世界の大きなトレンドは統合・仮想化。
2007年はVirtual Server 2005 R2によるサーバ仮想化も、2つのお客さんで本稼動させた。
2008年はVMware ESX 3.5を2セット構築。単純なローカル起動と、SANブート/VMotion/DRS/HA/VCBのフル装備もやった。
2009年はぜひHyper-Vの仮想環境を構築したいな。と思っていたが、なかなか機会に恵まれなかった。
2010年はVMware ESX 4.0でHA/VMotion/VCBバックアップを進行中。

そのほかにも、ドメインコントローラやファイルサーバの全国展開とデータ移行、特定のアプリケーションの実行基盤となるサーバ群のOS・バックアップ・DBクラスタなどインフラ部分の構築などをやっています。


2011年のポイントも引き続き、【ご利用は計画的に】。
今まで長年に渡って仕事も私生活も行き当たりばったりなので、少しでも物事を計画的に進められるようにしたい。
いつも計画性の無さが災いして多くの人に迷惑をかけています。
自分自身も計画的な仕事ができないため、いつもいろいろ苦労しています。
今年はさらに計画的に仕事をするようにしなきゃ。

それと若手を上手に使うようにならなきゃならん。
若手の育成はもちろんだけど、僕自身も仕事を上手に他の人に振ることができるようになりたい。
仕事の種類のせいなのか性格なのか、どうしても一人で抱え込んでしまうから。

【Twitter】2010年の元旦から始めました。平均して1日あたり10ツィート程度です。
仕事関連の呟きが少し、くだらない呟きがほとんどかな。
Follow norimaki2000 on Twitter
・norimaki2000 on Twitter

Follow norimaki2000 on Twitter
・norimaki2000 on Twilog


オンライン上ではあるけれど、今まで知らなかった人たちと交流する機会を得ることになり、非常に刺激を受けます。
仕事でも私生活でも、いろんな人のつぶやきは息抜きにもなり、また助けられたり、あるいは「もっとがんばんなきゃ」と励みになったりします。
Twitterを考え出した人の発想、システムとして作り上げた努力と情熱はすごい!!


【好きな音楽】ベテランの皆さんなら浜田省吾、尾崎豊、エコーズ、若手なら鬼束ちひろ、平原綾香、現在注目の若手はいきものがかり

【好きなアイドル】千葉県柏市を中心に活動する地元アイドルの「コズミック☆倶楽部」を激推し中です。

【好きな飲み物】シャンパンはご存知モエ・エ・シャンドン ブリュット アンペリアル、ビールはキリン ブラウマイスター、水ならビッテル、お茶ならキリン生茶

【好きなTVドラマ】Xファイル、24、ミレニアム、ER、CSI:科学捜査班シリーズ、NCIS:ネイビー犯罪捜査班、ザ・プラクティス、ボストン・リーガル



パソコン困り事相談もよろしく


最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
FC2カウンター
キーワード

Windows_Server VMware_ESX VMware vCenter_Server VMware_Player PowerShell PowerCLI vSphere_Client VirtualCenter Active_Directory vStorage_API Converter 文音 Windows Hyper-V コズミック☆倶楽部 Microsoft_Security_Essentials Windows_8 vSphere VMware_Converter Backup_Exec sora なるみん あいひょん カラオケ Windows_Server_2012 System_Center VCB Red_Hat_Enterprise_Linux SQL_Server Tech_Fielders メモリダンプ System_Recovery ARCserve_Backup RHEL Internet_Explorer ESX VMware_vSphere Oracle Directory Exec Symantec VMware_HA Server vSphere_CLI ジン子 マークス Active vMotion Firefox Backup Recovery NTFS System 麗美 XenServer schtasks Vista remi コズミック倶楽部 DRS SE キリン vCenter_Converter Twitter Office Oracle_Database Windows_Update Visual_Studio wevtutil 氷結 Sysinternals DMC-FZ1000 若手 スリムス ラガー 一番搾り食物繊維 ついにステップワゴンを契約してしまった ロッキー 糖質 サッポロ 日本赤十字社 洗車 洗濯 写真 バルボア のどごし生 フィット 東京国際フォーラム カーナビ おとなのおつまみ ベビースター おやつカンパニー えびしお 献血 白石美帆 セキュリティ スパリゾートハワイアンズ カルディ サクセス けんけつちゃん はばたき福祉事業団 スタローン セルシオ スパークリングウォーター corega 経済産業省 雨どい 人口甘味料 伊藤園 ポケモン・スタンプラリー シャンプー台のむこうに サーバ デュポン  お茶のチューハイ ジョシュ・ハートネット 神戸 北野 ウォーター ハワイ エイドリアン ブラックホーク・ダウン コロン ワイヤーアクション ムエタイ カーポート 高原 バーベキュー 映画 グレープフルーツ グランダム 掃除 鬼押し出し園 草津 関西空港 羽田 夏休み 万座温泉 マッハ キャンプ 東京タワー SAP バックアップ ARCserve_D2D ARCserve_Replication Virtual_Infrastructure vStorag_API Apache グループポリシー SkyDrive VMFS OpenOffice.org ULPC XP Word OEM DSP ジャンプフェスタ ITIL OpenOffice Tween HUAWEI OneDrive 浜田省吾 GR5 れみ Windows_Serverバックアップ Paper.li Linux VMware_ESXi Windows_Azure iStorage バッチ robocopy AWS IP38X/N500 NVR500 Uptime.exe USB2.0 CG CDRW-AB24JL CD CR-V CoolMax Gathers DVD CAB Brio 修復 破損 2008 圧縮 コマンドライン ATAPI 0x0000007B Hyperion IDE SUPPLEX STOPエラー wbadmin SweetGrass Thunderbird USB Tools Resource Replication NR-7900A Kit IZZE NetBackup OREZZA PCI PC-Success オレッツァ 

月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。