Backup Exec 12 for Windows Serversが発表された

仕事ではWindows Server関連のインフラ構築が多い。
その基本中の基本は、OSそのもの、データのバックアップ、UPSによる電源制御。
最近ではWindowsのシステムのバックアップも基本になりつつある。

バックアップソフトとして日本で非常にポピュラーなのはCA社のBrightStor ARCserveと、Symantec社のBackup Exec。
僕の場合はさまざまな理由から、後者のBackup Execを扱うことが圧倒的に多い。
Backup Exec 9.1のころから本格的に扱うようになったが、9.1→10.0→10d(10.1)→11dとバージョンアップを繰り返し、ついに12が発表された。
発売は4月15日の予定。


http://japan.zdnet.com/security/story/0,3800079245,20370391,00.htm
・シマンテック、Windows Server 2008対応のバックアップ製品などを発表:セキュリティ - ZDNet Japan


あ、そうか。ついにWindows Server 2008対応か。
今回も正式にWindows Server 2008対応を発表したのはこのBackup Exec 12が最初らしいが、Windows Server 2003もそうだったような気がする。

今回の12から、Intelligent Disaster Recovery (IDR)とAdvanced Open File Option (AOFO)はBackup Exec本体およびWindowsシステムエージェントに含まれたらしい。
Backup Exec 11dがリリースされたとき、WindowsシステムエージェントにContinuous Protectionエージェント(CPA)が含まれるようになったが、オプションがどんどん統合化されていくね。
ま、構成を考えるときは簡単になるからいいけど。

メディアサーバとして、まだWindows 2000がサポートされているのには少し驚いた。
そろそろWindows 2000は切り捨てられ、Windows 2003以降になるかと思っていた。
もちろん今回の目玉は"Windows Server 2008対応"だが、地道に旧OSに対応し続けるのも立派だよ。


シマンテックの関連URLを貼っておこう。すぐわからなくなるから。


http://www.symantec.com/ja/jp/business/products/sysreq.jsp?pcid=2244&pvid=57_1
・Symantec Backup Exec for Windows Servers: システム要件 - シマンテック
http://www.symantec.com/content/ja/jp/enterprise/brochures/be12_br_faq.pdf
・Symantec Backup Exec for Windows Servers:Backup Exec 12 FAQ
http://seer.entsupport.symantec.com/docs/295304.htm
・Symantec Backup Exec for Windows Servers 12 - Software Compatibility List (SCL)
http://seer.entsupport.symantec.com/docs/300835.htm
・Symantec Backup Exec (TM) 12 for Windows Servers Build 1364.0 Readme First Release Notes
http://seer.entsupport.symantec.com/docs/276538.htm
・Important information regarding Backup Exec for Windows Servers and Microsoft Windows 2003 Service Pack 1


Software Compatibility List (SCL)を見れば書いてあるが、Windows 2000の場合はSP4と、SP4用のロールアップ1が必要らしい。まあ普通でしょう。
Windows Server 2003もR2またはSP1までについては"文書番号276538を読め"と書かれているが、英語なのでよくわからん。
Windows Firewallに注意しろと言うことかな。
まあ、いずれ調べましょう。

Windows XP SP3 RC2 Refreshをインストールしてみた

せっかくリリースされたんだから、Windows XPにSP3 RC2 Refreshを適用してみた。

(写真1)Windows XPにSP3 RC2 Refreshを適用したシステムのプロパティ
Windows XPにSP3 RC2 Refreshを適用したシステムのプロパティ


ダウンロード元はここ。


http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=114f3599-12af-42b2-aab1-b969a62c68a7&displaylang=en
・Windows XP Service Pack 3 Release Candidate 2 Refresh



今まで試してみたサービスパックのビルド


【Windows XP SP2】
OS名 Microsoft Windows XP Professional
バージョン 5.1.2600 Service Pack 2 ビルド 2600
OS製造元 Microsoft Corporation

【Windows XP SP3 RC1】
OS名 Microsoft Windows XP Professional
バージョン 5.1.2600 Service Pack 3, v.3264 ビルド 2600
OS製造元 Microsoft Corporation

【Windows XP SP3 RC2 Refresh】
OS名 Microsoft Windows XP Professional
バージョン 5.1.2600 Service Pack 3, v.3311 ビルド 2600
OS製造元 Microsoft Corporation


今回インストールしたSP3 RC2 Refreshは"3311"。
インストールして丸2日使っているが、特に問題なし。
RC1の"3264"よりも若干安定しているかも。

Windows XP SP3 RC2 Refreshがリリースされた

Windows XP SP3にRC2が出ていたんだね。知らなかった。
しかもさらにそのSP3 RC2を若干修正した"Refresh"がリリースされたらしい。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20370113,00.htm
・MS、さらなるWindows XP SP3製品候補第2版のテストを継続:ニュース - CNET Japan
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=114f3599-12af-42b2-aab1-b969a62c68a7&displaylang=en
・Windows XP Service Pack 3 Release Candidate 2 Refresh


公開されているダウンロードページは英語だけど、英語版とドイツ語版と日本語版がダウンロード可能。
Windows XP SP3正式版のリリースも目前かな。

Hyper-VのRCリリース候補版のダウンロードが開始

3月19日付で米国Microsoftは、Windows Server 2008で動作するハイパーバイザ型の仮想化ソフトHyper-Vのリリース候補版(RC)のダウンロード提供を開始したらしい。


http://www.atmarkit.co.jp/news/200803/21/hyperv.html
・MS、仮想化技術「Hyper-V」リリース候補版を提供開始 - @IT
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3395
・Hyper-V(TM)の出荷候補版を公開、仮想化戦略のマイルストーンに到達


RC版では新たにWindows Server 2003 SP2、Windows Vista SP1、Windows XP SP3などもゲストOSとしてサポートされる。
日本語にも対応するらしい。

お客さんでも「Hyper-Vを評価してみたい」との声がぼちぼち出始めている。
僕もHyper-Vはまだ見たこと無いから、ちょっと気になるね。

Windows Vista Service Pack 1の配布開始

マイクロソフトから3月19日付で、Windows Vista SP1の正式版がついにリリースされた。
現状では英語、日本語、フランス語、ドイツ語、スペイン語の5ヶ国語に対応しているとのこと。


http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3389
・Microsoft Windows Vista Service Pack 1の配布開始


個人利用の皆さんは、積極的にサービスパックを適用しましょう。
500を超える修正モジュールにより、セキュリティの向上、バグ吸収、安定稼動、パフォーマンス向上が期待できます。


さて、Windows Vistaの企業での利用。
よく「サービスパックにより企業内でのWindows Vista利用が普及が期待される」の記事を見かけたが、どうだろうか。
私の会社や私の担当するユーザ企業でも、まだWindows Vistaは情報システム部門での評価中の段階。

決してサービスパックのリリースを待っているわけではなく、今までのWindows XPで稼動するアプリケーションをWindows Vistaに対応させるのに時間がかかっているだけ。
だからWindows Vistaのサービスパックのリリースが、Windows Vistaの企業内での利用促進に直接つながるとは思えない。
どちらかと言うと今年6月末のWindows XPプリインストールモデル販売終了の方がWindows Vista普及の山場かな。

まあそれでもダウングレード権により、Windows XPが利用され続けるかもしれないが。

VMware Server 1.0.5がリリースされた

2008年3月25日 2:11時点でヴイエムウェアの日本サイトではまだ1.0.4までしかリリースされていない。
米国VMware社のサイトでは、VMware server 1.0.5がリリースされている。

ヴイエムウェア日本法人のVMware Serverダウンロードページ


http://www.vmware.com/jp/download/server/
・VMware Serverのダウンロード、無償のVMware、仮想サーバ - VMware



米国VMware社のVMware Serverダウンロードページ


http://www.vmware.com/download/server/
・Download VMware Server, free VMware, virtual server - VMware


内容は不明だが、バグ吸収程度みたい。

Windows Server 2008日本語版のダウンロード再開と修正モジュールのリリース

一時中断されていた日本語版のWindows Server 2008のダウンロードだけど、3月19日から公開が再開されたとのこと。


http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/trial-software.mspx
・マイクロソフト > Window Server 2008 評価版


プロダクトキーを入れなくても60日間評価版として動作するし、その期限を3回リセットすることで最大で240日間の評価版となるらしい。
しかもプロダクトキーを入手すれば再インストールせずに正式版になるし。
Windows Server 2003の180日間評価版では、CDに付いてるプロダクトキーを入れないとインストールできないし、次はライセンス認証しないと14日間で期限が切れるし。
評価版としてはあまりにも手続きが面倒。

シマンテックのBackup Exceならライセンスキー無しでインストールすれば自動的に60日間評価版になるし、あとからライセンスキーを入れればそのまま正式版になるし。
いつもこの仕組みが簡単で便利だと思ってたんだけど、やっとマイクロソフトも追いついたか。



そうそう、公開中断の原因となった「日本語版Windows Server 2008を日本語ロケールに設定し、かつActive Directoryドメインコントローラにすると一部のデータを損失する場合がある」問題だけど、修正モジュールについてはこちらを。


http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/updateinfo.mspx
・マイクロソフト > Windows Server 2008 日本語版 ご利用に際しての注意事項 (重要)


その問題についてはこちらを。


http://enterprise.watch.impress.co.jp/cda/software/2008/02/26/12333.html
・Enterprise Watch > Windows Server 2008日本語版でデータ損失の問題-3月初旬にフィックス予定

MCP 70-291不合格だった

昨日3月21日(金)、2006年6月以来1年9ヶ月ぶり2度目のMCP試験を受験した。
MCP:70-291
Implementing, Managing, and Maintaining a Microsoft Windows Server 2003 Network Infrastructure
Microsoft Windows Server 2003 ネットワーク管理

結果は見事不合格。
700点が合格ラインで、678点。
今回は完全に勉強不足。

(写真1)MCP 20-291「Microsoft Windows Server 2003 ネットワーク管理」不合格
MCP 20-291「Microsoft Windows Server 2003 ネットワーク管理」不合格

それにしても試験は3.5時間休憩なしで画面に向かいっぱなしはきつかった。
途中で「もしかしたら合格かも」なんて思ったりもしたが、世の中そんなに甘くは無かった。

ああ、何とか今月中にもう一度受験して、合格したいな。
ふぅ。

Windows Vista時計が復活

3月11日付の日記で書いた、Windows Vistaの時計の続き。

無駄かな?、と思いつつもCR2025リチウム電池を買ってきた。
100円ショップって便利だね。

そしてWindows Vista時計の電池を交換してみる。
製品に添付されている電池は「テスト用」と書かれているし、だいたいこの時計が出荷された時期がWindows Vistaの発売開始時期だとすれば、もう1年以上は経過していることになるし。

電池を交換してみると、なんと見事に時計は動き出した!

(写真1)動き出したWindows Vista時計
動き出したWindows Vista時計

時刻だけでなく、カレンダー機能による日付と曜日、ついでにちょっと便利な温度計も付いていた。
アラーム機能も付いているので朝が苦手なnorimaki2000さんには心強いのだが、アラーム時刻をセットするボタンがあまりにも小さく、操作する気にはなれない。
毎日決まった時刻に起きて、決まった時刻に家を出るなら問題ないのかもしれんが。


と言うわけで、部屋にまた1つ時計が増えてしまった。
本当は会社の机の上に置きたいのだが、机の上があまりにも散らかっていて、この時計を置く場所が無いからあきらめた。

子供が小学校を卒業しました

今日は久々に会社を休んだ。
子供が小学校を卒業する日だったから。

卒業式は9:20から開始。
子供は先に行ってたので、あとから嫁さんと二人で歩いて小学校まで。
着いたのは9:00過ぎていたので、体育館は結構人で埋まっていて、後ろの方の席しか空いてなかった。

子供の学校では、今年の卒業生は130数人。
少子化の最近では多い方なのかもしれない。
1クラスは32人くらいだから、俺が小学生のころよりは1クラス10人は少ない。
それだけ教師は生徒に目が届くんだろう。


月並みな話だけど、6年前に入学したときは、まだまだ本当に小さな子供だった。
それから6年間で本当に立派に大きくなった。
身長だけは大人並み。中身は子供だけど。

ここ数年間はひねくれて、生意気で、自己中心で、大人を馬鹿にしたしゃべり方をして、無気力で、小さなことに感動する心を忘れて。。。
まあまだこれからも数年間はそれが続くのかと思うと気が重い。
しかし人が成長していく過程で必ず通る道で、必ずぶつかる壁だよね。

それを乗り越えて、さらに成長して、立派に育ってほしい。
その前に親が人間として成長する必要もあるけどね。

(写真1)卒業式会場のひとコマ。
小学校の卒業式[卒業式会場のひとコマ]
このような式典は6年前の入学式以来です。

(写真2)卒業生退場のシーン。
小学校の卒業式[卒業生退場のシーン]
モデルは俺の娘です。

(写真3)子供が6年間通った学校の校庭。
小学校の卒業式[子供が6年間通った学校の校庭]
もうここに来ることも無いかと思うとちょっと寂しいね。

■卒業式で感じたこと■

従来の「在校生代表の送辞」や「卒業生代表の答辞」は無かった。
子供1人1人が短い言葉を順番に発言して、それが文章になって、送辞や答辞の代わりになっていた。
これはちょっとどうかな?、って思った。

だいたい何を言っているのか聞き取りにくい。
それから一時期は運動会のかけっこで順位を付けないことがはやっていたが、これも同じ。
何でも「順位」や「代表1人」を決めたがらない、もしくは決めるのを良しとしない風潮からか。


■卒業式でのハプニング■

卒業式のように生徒にとって緊張する場面では気分が悪くなる子供が必ずいるが、今日の卒業式でも1人の卒業生が保健室に連れて行かれたらしく、保護者が呼び出されていた。
肝心の卒業証書を校長から渡されるときには間に合わなかったが、その子は少し遅れて戻ってきて、何とか別のクラスの子供と一緒に校長から直接卒業証書を渡してもらうことができた。

卒業式では卒業生と在校生がそれぞれ何度か合唱するんだが、卒業生が合唱しているときに、1人の卒業生が突然倒れてしまった。
しかもうちの子供と同じクラスの子、それもうちの子の隣に立って歌ってた子供が。
すぐに先生たちがやってきて椅子に座らせて大事には至らなかった。

緊張感が張り詰めて、こんなことになってしまうんだろうね。


■卒業式後の担任の挨拶■

卒業式は公式な場なので、校長や、来賓の市長、市の教育委員、PTA代表などが挨拶する。
卒業式が終わった後はぐっと和やかになり、卒業生の担任4人が順番に一言ずつ挨拶した。
うちの子の担任は新人に毛が生えた程度の若手。
もちろん今回が教え子の初めて卒業であり、その若手担任くんは泣いていた。

若手担任くんは「子供たちは成長したし、これからも立派に育っていきます」と言っていた。
おいおいそれはわかったが、君自身も成長しろよ。若手担任くん。

香里奈ちゃん素敵ね - 街で見かけたものシリーズ

もう2週間くらい前の話で恐縮です。
とある駅に巨大なポスターを貼るスペースがあるのだけど、そのときはペプシNEXのポスターが貼ってあった。
そのポスターに出ていた香里奈ちゃんがあまりにも素敵だったので、思わずパチリ。

(写真1)ペプシNEXのポスターの香里奈ちゃん
ペプシNEXのポスターの香里奈ちゃん
そりゃあ、おじさんも思わず見入ってしまうわ。

トイレで食事ですか? - 街で見かけたものシリーズ

先日秋葉原のヨドバシカメラに行ったときのこと。
8Fレストラン街のトイレに入ったら、ちょっと立ち止まってしまった。
そこに貼られていた注意書きの意味がよく理解できなかったら。

秋葉原のヨドバシカメラのトイレの注意書き


トイレをご利用のお客様へ
トイレ個室内での食事及び長時間の休憩はご遠慮下さい。
トイレ以外の目的での使用はご遠慮下さい。


何じゃこりゃ?

こんな注意書きを出さなければならないほど、トイレの中で長時間休憩してるのか?。
休憩はともかく「食事」とはいったいどう言うこと?。
…理解できん

まあ個室を長時間占有すると他のお客さんの迷惑になる事は確かだね。
皆さん気をつけてください。

Windows Vista時計

セミナーの話題が出たついでにもうひとつ。
先月のことだけど、某所で有償の講習会に出席してきた。
タイトルは「Windows Server 2008 セキュリティおよびポリシー制御」とか何とか。

講師の説明と、実機での実習あり。
内容はもう忘れた。(ドヒャー)
うーん、こんな感じだったかな。
・セキュリティが強化されたファイヤウォール
・IPsecによる暗号化通信とドメイン分離
・グループポリシーで指定するQoS
・NAPによるネットワークへのアクセス制限
などなど。


新機能の紹介だけでなく、1人1台用意されたパソコンのVirtual PC内の複数のWindows Server 2008やWindows Vistaを使い、実際に自分で設定をしてみて効果を確かめるコースだった。
それを半日でやるので、付いていくのが精一杯、と言うかテキストに書いてある設定をそのまま単純にやってみるだけで、1つずつの設定の意味を理解したりする余裕はなかった。

まあそれは各自で復習してくれ、って事なんだろうな。


(写真1)講習会でもらったWindows Vista時計
講習会でもらったWindows Vista時計

それでその講習会が終わった後で、記念品として配られたのがこれ。
なぜかWindows Vistaの時計。
ああ、Windows Server 2008時計ならかっこいいのにな。
しかも電池が切れているのか、時間が表示されない。

でもせっかくだからどこかでCR2025リチウム電池を買ってきて、こいつが動くか試してみるよ。

久々にマイクロソフトのセミナーに行ってきた

ちょうど1年前、2007年3月に引き続き2回目だ。
3月5日(水)14:00~17:30、新宿にある小田急サザンタワーのマイクロソフト本社でのセミナーに出席してきた。

(写真1)マイクロソフト本社の入る小田急サザンタワー
マイクロソフト本社の入る小田急サザンタワー

今回のテーマは「Microsoft 仮想化ソリューション」

内容はこんな感じ。
・マイクロソフトの仮想化戦略
・サーバーレイヤーの仮想化:Windows Server 2008 Hyper-V
・サーバーレイヤーの仮想化:Virtual Server 2005 R2
・プレゼンテーションレイヤーの仮想化: Terminal Services
・ファイルシステムの仮想化(拠点ファイルサーバーの最適配置)
・アプリケーション レイヤーの仮想化: SoftGrid


「仮想化」と言ってもVirtual Serverのようなサーバの仮想化だけでなく、いくつかのテクノロジをさまざまな観点で仮想化と考えている。

Hyper-Vについても話を聞けたのは面白かったが、リリースが半年後のこともあり、詳細は語られなかった。

予想に反してターミナルサービスについては面白く、結構ためになった。
事前にいろいろな資料で機能強化については予習していたはずだが、ターミナルサービスの強化については見落としていた。
特にTSゲートウェイ(Terminal Services Gateway)は気になった。
RDP over HTTPSと説明されていたが、まさにそのとおり。

リモートデスクトップクライアントはTSゲートウェイサーバ経由で目的のターミナルサーバに接続するのだが、そこでプロトコル変換を行う。
PC----(HTTPS)----TSゲートウェイサーバ----(RDP)----ターミナルサーバ

TSゲートウェイサーバが各ユーザごとに接続可能なターミナルサーバを制限したりすることもできるらしく、VPNで接続するのとはまた違った利用法とかメリットもある。
TSゲートウェイサーバがDMZにあれば、インターネット経由での接続もできると。

気になったので講師に質問したが、クライアントは決してブラウザで接続するわけではなく、リモートデスクトップクライアントツール(mstsc)でプロトコルとしてhttpsが使えるらしい。
これは使い方によっては使えるかも。


それからDFS。
そうか、これも仮想化といえば仮想化のひとつなんだね。
従来のDFSで複数に分散したファイルサーバを1つのように見せかける。
Windows Server 2003 R2からのDFS-Rでは、差分圧縮複製技術を利用して遠隔地のファイルサーバを統合する。

SoftGridは今までその単語しか目にしていなかったので、説明を聞いて少しイメージがつかめた。
exe、dll、iniファイル、レジストリなどアプリケーション実行に必要な環境をパッケージ化してクライアントに配信する。
それによりクライアント環境に影響を受けずにアプリケーションの実行が可能になるとのこと。

(写真2)今回のテキストなどの配布物
マイクロソフトセミナー「Microsoft 仮想化ソリューション」の資料


さまざまなレイヤーで提供される仮想化技術を上手に使うことによって、低コストで効果の高いシステムを実現すると。
まあそんな感じでした。
・サーバ仮想化 Virtual Server 2005 R2、Hyper-V
・クライアント仮想化 Virtual PC 2007
・プレゼンテーション仮想化 Terminal Services
・アプリケーション仮想化 SoftGrid
・ストレージ仮想化 DFS

ここに書いてることはWindows Server 2008とWindows Vistaの組み合わせが必要だったり、Windows XPでは追加コンポーネントが必要だったりすることもあるので、興味がある人は個別に調べてください。

チェックディスクの結果不良セクタあり

メビウス号のWindowsが起動しなくなった問題だけど、もしかしたらハードディスクの故障かも。
Windows XPをクリーンインストール後にチェックディスクしてみると、不良セクタが見つかったとイベントログに記録されている。

chkdsk c: /f /rを実行してWindowsを再起動させた


Checking file system on C:
The type of the file system is NTFS.
Volume label is WindowsXP.

A disk check has been scheduled.
Windows will now check the disk.
Cleaning up minor inconsistencies on the drive.
Cleaning up 19 unused index entries from index $SII of file 0x9.
Cleaning up 19 unused index entries from index $SDH of file 0x9.
Cleaning up 19 unused security descriptors.
CHKDSK is verifying file data (stage 4 of 5)...
Read failure with status 0xc000009c at offset 0xbca7000 for 0x5000 bytes.
Read failure with status 0xc000009c at offset 0xbca7000 for 0x1000 bytes.
Windows replaced bad clusters in file 1031
of name \WINDOWS\Help\msconfig.chm.
File data verification completed.
CHKDSK is verifying free space (stage 5 of 5)...
Free space verification is complete.
Adding 339 bad clusters to the Bad Clusters File.
Correcting errors in the Volume Bitmap.
Windows has made corrections to the file system.

8385898 KB total disk space.
2013516 KB in 12333 files.
3336 KB in 720 indexes.
1356 KB in bad sectors.
58154 KB in use by the system.
43984 KB occupied by the log file.
6309536 KB available on disk.

4096 bytes in each allocation unit.
2096474 total allocation units on disk.
1577384 allocation units available on disk.



うーん、ちょっと不安。

Windowsが起動しなくなりました

と言ってもマイクロソフトが悪いんではないんです。
最近メビウス号はハード的に調子が悪く、何度も突然のフリーズや電源断や繰り返していた。
そしてついに起動しなくなってしまった。

まああれだけ過酷に予期しない強制電源OFFを繰り返せば、システムファイルの1つや2つは破損するでしょう。
セーフモードでも起動しないくらいに。

Windows XPのCDから起動して回復コンソールは表示するが、chkdskは実行できない。
しかたないから、やはりWindows XPのCDから起動して修復セットアップしようとしたが、少々驚きのメッセージ。

(写真1)起動しなくなってしまったWindows XP
起動しなくなってしまったWindows XP


パーティションは、空き領域が不足しているか、壊れているか、フォーマットされていないか、または互換性のないファイルシステムでフォーマットされています。
インストールを続行するには、パーティションをフォーマットする必要があります。


いやいや、空き領域はあるし、フォーマットもされてるし。
しかもNTFSで。
このメッセージ見る限り、Windowsのファイル破損と言うよりもパーティションまで損傷を受けてるのか。

まあいいや。
このパソコンはいつでも再セットアップしてもいいように、たいしたデータは保存していないし、例によってデータはDドライブに保存しているし。


と言うわけで、Windows XPを再セットアップしていたらこんな時間になってしまった(汗)
もう寝よっと。

マクドナルドのシャカシャカチキンとプレミアムローストコーヒー

それほどマクドナルドファンではないが、月に何度かは行く。
待ち合わせまでの時間調整とか、お昼に食べれなかったときに駆け込んだりとか。

先日も待ち合わせまでにちょっと時間があったので、マクドナルドに行った。
「お、シャカシャカチキンがあるじゃん」
と言うわけで、迷わずシャカシャカチキンを注文。
飲み物はまあ、いつものホットコーヒーでいいかなと思ったが、何やらコーヒーがモデルチェンジしている。
その名も「プレミアムローストコーヒー」らしい。

しかしレジ横に「○月○日と△月△日は無料!」と書いてある。
なーんと、今日はまさにその日、2月19日だった。
「今日はこのコーヒー無料なの?」
「そうです」
「じゃ、そのコーヒーも」
「はい、100円になります」

(写真1)マクドナルドのシャカシャカチキンとプレミアムローストコーヒー
マクドナルドのシャカシャカチキンとプレミアムローストコーヒー

シャカシャカチキン100円にコーヒー無料。
ほんと、申し訳ないと思いつつ、しばらくそれで粘った。
シャカシャカチキンはフレーバーと呼ばれる粉末状の調味料が選べる。
・ホットチリ
・レモンペッパー
・チーズ

当然ホットチリを選択。
味はまあ予想していたとおりかな。
これが100円なら文句は言えんでしょ。



そんなことよりも驚いたのがコーヒー。
以前のコーヒーよりも明らかにおいしくなってる。
味音痴の僕はどこがどう変わったと説明はできないのだが、はっきりと変わっている事は確か。
このコーヒーも、これでよく100円でやってるもんだと感心する。
これなら十分通用するし、この結果もうなずける。


http://gourmet.oricon.co.jp/special/20080119.html
・買いたいコーヒーNO.1はどこ? -グルメがテーマのオリコンランキング



新しくなったコーヒーの無料キャンペーンは毎週火曜日の14:00~24:00にやってるみたい。
残るは3月4日(火)、11日(火)の2日間。
お近くのマクドナルドへどうぞ。


http://www.mcdonalds.co.jp/pr_coffee/
・マクドナルド > プレミアムローストコーヒー

テスト中

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

ブログ検索
プロフィール

norimaki2000のブログにようこそ
・2013/01/05テンプレートをsantaからhouseに変更
・2012/10/29テンプレートをsweet_donutsからsantaに変更
Follow norimaki2000 on Twitter気軽に話しかけてね

ニューヨーク・マンハッタン(タイムズスクェア)180×135

千葉県在住で東京都内に勤務。SE歴20年超えました。

昔々はオフコンで販売管理などのアプリケーション開発してた。
ファミリーレストランの無線オーダリングやPOS、キッチンプリンタの全国展開なんかもやっていました。
数年前まではWindows上のアプリケーション展開が多かったかな。
ここ数年はWindowsサーバーを中心としたサーバーインフラの提案・構築・保守を中心にやってます。
主な取り扱い製品は、
・Windows 2000 Server以降 (もちろんNT3.5やNT4.0も知っていますが)
・Active Directory (今で言うAD DS)
・Symantec Backup Exec
・Symantec System Recovery
・CA ARCserve Backup for Windows
・CA ARCserve Replication
・CA ARCserve D2D
・EMC RepliStor
・VMware vSphere
・某メーカーのクラスタソフトウェア

どれもこれも中途半端な知識と技術力ですが、なんとかやっています。
私自身は技術や製品を担当する立場ではなく、特定業種のお客さん(ユーザ企業)の対応窓口となるSEの役割りですから、必要であれば詳しい知識や経験豊富な別のSEを探してきてプロジェクトメンバに加えます。

もちろん小さな物件では自分で提案、インストール、お客さんへの導入、アフターサポートまでやります。
大きな物件では提案はやりますが、構築部分は専門部隊に依頼します。
その場合でもアフターサポート窓口は私がやりますので、お客さんに対しては一貫して窓口SEとなります。

サーバの世界の大きなトレンドは統合・仮想化。
2007年はVirtual Server 2005 R2によるサーバ仮想化も、2つのお客さんで本稼動させた。
2008年はVMware ESX 3.5を2セット構築。単純なローカル起動と、SANブート/VMotion/DRS/HA/VCBのフル装備もやった。
2009年はぜひHyper-Vの仮想環境を構築したいな。と思っていたが、なかなか機会に恵まれなかった。
2010年はVMware ESX 4.0でHA/VMotion/VCBバックアップを進行中。

そのほかにも、ドメインコントローラやファイルサーバの全国展開とデータ移行、特定のアプリケーションの実行基盤となるサーバ群のOS・バックアップ・DBクラスタなどインフラ部分の構築などをやっています。


2011年のポイントも引き続き、【ご利用は計画的に】。
今まで長年に渡って仕事も私生活も行き当たりばったりなので、少しでも物事を計画的に進められるようにしたい。
いつも計画性の無さが災いして多くの人に迷惑をかけています。
自分自身も計画的な仕事ができないため、いつもいろいろ苦労しています。
今年はさらに計画的に仕事をするようにしなきゃ。

それと若手を上手に使うようにならなきゃならん。
若手の育成はもちろんだけど、僕自身も仕事を上手に他の人に振ることができるようになりたい。
仕事の種類のせいなのか性格なのか、どうしても一人で抱え込んでしまうから。

【Twitter】2010年の元旦から始めました。平均して1日あたり10ツィート程度です。
仕事関連の呟きが少し、くだらない呟きがほとんどかな。
Follow norimaki2000 on Twitter
・norimaki2000 on Twitter

Follow norimaki2000 on Twitter
・norimaki2000 on Twilog


オンライン上ではあるけれど、今まで知らなかった人たちと交流する機会を得ることになり、非常に刺激を受けます。
仕事でも私生活でも、いろんな人のつぶやきは息抜きにもなり、また助けられたり、あるいは「もっとがんばんなきゃ」と励みになったりします。
Twitterを考え出した人の発想、システムとして作り上げた努力と情熱はすごい!!


【好きな音楽】ベテランの皆さんなら浜田省吾、尾崎豊、エコーズ、若手なら鬼束ちひろ、平原綾香、現在注目の若手はいきものがかり

【好きなアイドル】千葉県柏市を中心に活動する地元アイドルの「コズミック☆倶楽部」を激推し中です。

【好きな飲み物】シャンパンはご存知モエ・エ・シャンドン ブリュット アンペリアル、ビールはキリン ブラウマイスター、水ならビッテル、お茶ならキリン生茶

【好きなTVドラマ】Xファイル、24、ミレニアム、ER、CSI:科学捜査班シリーズ、NCIS:ネイビー犯罪捜査班、ザ・プラクティス、ボストン・リーガル



パソコン困り事相談もよろしく


最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
FC2カウンター
キーワード

Windows_Server VMware_ESX VMware vCenter_Server VMware_Player PowerShell PowerCLI vSphere_Client VirtualCenter Active_Directory vStorage_API Converter Windows 文音 Hyper-V Microsoft_Security_Essentials コズミック☆倶楽部 Windows_8 Backup_Exec VMware_Converter vSphere sora カラオケ なるみん あいひょん SQL_Server Windows_Server_2012 System_Center VCB Red_Hat_Enterprise_Linux Tech_Fielders メモリダンプ System_Recovery ESX ARCserve_Backup Internet_Explorer VMware_vSphere RHEL ジン子 マークス vSphere_CLI VMware_HA Exec Directory Firefox vMotion Oracle Active Symantec Server Backup Sysinternals NTFS Twitter Oracle_Database vCenter_Converter wevtutil コズミック倶楽部 DMC-FZ1000 schtasks XenServer キリン 若手 remi 麗美 Recovery Visual_Studio Windows_Update Office System SE Vista DRS 氷結 スリムス フィット グランダム 掃除 セルシオ 洗濯 のどごし生 洗車 サッポロ ロッキー おやつカンパニー カルディ スパークリングウォーター ベビースター おとなのおつまみ 白石美帆 経済産業省 えびしお corega セキュリティ ついにステップワゴンを契約してしまった 糖質 一番搾り食物繊維 スタローン 東京国際フォーラム スパリゾートハワイアンズ サクセス カーナビ ラガー 人口甘味料 コロン ブラックホーク・ダウン ジョシュ・ハートネット ハワイ 神戸 北野 献血 けんけつちゃん シャンプー台のむこうに デュポン 映画 東京タワー 写真 マッハ ムエタイ はばたき福祉事業団 ワイヤーアクション お茶のチューハイ バルボア キャンプ 万座温泉 夏休み 草津 鬼押し出し園 カーポート 高原 バーベキュー 関西空港 羽田 グレープフルーツ ウォーター ポケモン・スタンプラリー 伊藤園 日本赤十字社  サーバ 雨どい Resource ARCserve_D2D ARCserve_Replication VMFS バックアップ Virtual_Infrastructure SkyDrive vStorag_API OpenOffice.org ジャンプフェスタ XP Word Uptime.exe ULPC OEM ITIL DSP グループポリシー Apache 浜田省吾 Linux VMware_ESXi OneDrive HUAWEI れみ GR5 IP38X/N500 NVR500 バッチ Tween OpenOffice iStorage Windows_Azure AWS robocopy USB2.0 USB CDRW-AB24JL CD CAB CG CR-V DVD CoolMax Brio ATAPI 破損 2008 オレッツァ 修復 圧縮 0x0000007B コマンドライン Gathers Hyperion STOPエラー SAP Paper.li SUPPLEX SweetGrass Tools Thunderbird Replication PCI Kit IZZE IDE NR-7900A NetBackup PC-Success OREZZA エイドリアン 

月別アーカイブ
リンク
RSSフィード