スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにWindows Vistaをインストール(1) - 導入編

家のパソコンに、ついにWindows Vistaをインストールした。
機種 NEC PC-MA24VBZZC、CPU Pentium 4 2.4GHz、メモリ 768MB、ディスク 80GB
OS Windows Vista Ultimate With Service Pack 1 (英語版)

Windows Vistaが企業向けボリュームライセンスで登場したのが2006年11月、一般向けに店頭発売されたのが2007年1月。
もう1年半も経っているのだが、相変わらず企業向けには全然普及していない。
とは言うものの、せっかくWindows Vistaの評価版を手に入れたからインストールしてみた。


が、しかし。
Windows Vistaインストールを阻む理由があった。
我が家で最高のスペックを誇るこの機種だが、光学ドライブはCDのみで、DVD読み取りができない。
だから別のパソコンからDVDドライブを取り外し、このパソコンに一時的にそのDVDドライブを接続。

(写真1)別のパソコンから取り外したDVDドライブを一時的に接続してインストール
別のパソコンから取り外したDVDドライブを一時的に接続してインストール
このDVDドライブの接続が結構面倒だった。
Windows Vistaをインストールする機種はスリムタワー型で、CDドライブもノート用のスリムタイプ。
普通の5インチベイタイプのドライブとはコネクタのピン形状が違うんだね。
知らなかった。
だから別のパソコンからDVDドライブだけでなくIDEケーブルも取り外してMA24Vに接続。
この作業が面倒なこと、面倒なこと。

(写真2)インストール直後のWindows Vista 英語版のデスクトップ画面
インストール直後のWindows Vista 英語版のデスクトップ画面
次に苦労したのが、Windows Vistaが「英語版」だったこと。
だいたいWindows Vistaを使ったことが無く、今までのWindows XPとユーザインタフェースや操作性の違いに戸惑っているのに、その上英語版だから、インストール時のメッセージや選択肢が意味不明。

画像は英語版のWindows Vistaインストール直後のデスクトップ画面。


(写真3)Windows Vista 英語版のInternet Explorer 7
Windows Vista 英語版のInternet Explorer 7
幸いなことに英語版のWindows Vistaでも、日本語の読み書きにはまったく問題ない。
日本語の表示はもちろん、日本語IMEでの日本語入力もまったく問題なし。
メニューバー、ツールバー、プロパティ、ヘルプなどのユーザインタフェースが英語なだけ。
普段からWindows Vistaの操作に慣れていれば、このままでも構わないかも。
僕はWindows VistaどころかIE7さえ使ったことがないため、操作性にやや戸惑ったが。


(写真4)Windows Vista Ultimate with Service Pack 1英語版のバージョン情報
Windows Vista Ultimate with Service Pack 1英語版のバージョン情報
Microsoft Windows 6.0 Build 6001 Service Pack 1だそうです。
Windows 2000が5.0、Windows XPが5.1、Windows Server 2003が5.2だったから、今回は6.0で確かに大幅なバージョンアップなんでしょう。


(写真5)Windows Vista Ultimate with Service Pack 1英語版インストール直後のCドライブ容量
Windows Vista Ultimate with Service Pack 1英語版インストール直後のCドライブ容量
Cドライブは小さめに24GB。
Windows Vista Ultimate with Service Pack 1英語版インストール直後は7.88GBが利用済みになっている。
Windows 2000やWindows XPでは考えられないサイズをOSが占有している。
僕の記憶ではWindows XPの4~5倍はOSが使用している。
さすがに驚きですよ。


次はWindows Vistaの日本語化に挑戦だ。
スポンサーサイト

リソースキットツール「Uptime.exe」

知らなかった。こんなツールがあったとは。
Windows NT Server 4.0/Windows 2000 Serverのリソースキットに付属するUptime.exe
システムの稼働率を測るツールだ。

具体的には起動と終了の履歴、その間のシャットダウンされていたトータルの時間、リブートする平均間隔、ブルースクリーンの発生回数などなど。
しかもこのコマンドを実行しているコンピュータだけでなく、リモートコンピュータに対しても実行可能で、結構便利。

まあサーバの運用管理をやってる人以外には興味ないだろうし、そもそも意味不明かも。
運用管理をやってるお客さんからの問い合わせで、Windows Server 2003のリソースキットには付属していなかったらしく、このUptime.exeを探してみた。

このページからUptime.exeがダウンロード可能。
例によって機械翻訳で日本語がおかしいのはご愛嬌。
下のURLからはWindows 2000 Resource Kit Toolsの日本語ヘルプがダウンロード可能。
リソースキット本体には含まれないが、後からでもダウンロードできるのはありがたい。


http://support.microsoft.com/kb/232243/ja
Uptime.exe ツールは、 Windows NT 4.0 SP4 または高くサーバーの可用性を見積もるのを許可します。
http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/windows2000serv/proddocs/reskit/rktools.mspx
Windows 2000 リソースキットツール オンラインヘルプ 日本語版


Windows Server 2003ではサポートされていないが、試してみた限りではWindows XP Professional SP2/Windows Server 2003 R2でも動作している。
ヘルプはこんな感じ。



C:\>uptime /?

UPTIME, Version 1.01
(C) Copyright 1999, Microsoft Corporation

Uptime [server] [/s ] [/a] [/d:mm/dd/yyyy | /p:n] [/heartbeat] [/? | /help]
server Name or IP address of remote server to process.
/s Display key system events and statistics.
/a Display application failure events (assumes /s).
/d: Only calculate for events after mm/dd/yyyy.
/p: Only calculate for events in the previous n days.
/heartbeat Turn on/off the system's heartbeat
/? Basic usage.
/help Additional usage information.


リモートコンピュータ\\norimaki2000に対し、2007年10月1日以降について、起動と終了の履歴を表示させてみた例。
19日間で7回リブートして、平均リブート間隔は2.85日。
最後の起動から2日と20時間54分18秒経過している。



C:\>uptime \\norimaki2000 /s /d:10/01/2007
Uptime Report for: \\norimaki2000

Current OS: Microsoft Windows XP, Service Pack 2, Uniprocessor Free.
Time Zone:
System Events as of 2007/10/20 22:04:19:

Date: Time: Event: Comment:
---------- ----------- ------------------- ------------------------------

2007/10/02 4:11:59 Shutdown Prior uptime:15d 5h:30m:20s
2007/10/03 1:26:45 Boot Prior downtime:0d 21h:14m:46s
2007/10/03 3:02:13 Shutdown Prior uptime:0d 1h:35m:28s
2007/10/03 22:03:10 Boot Prior downtime:0d 19h:0m:57s
2007/10/06 20:17:15 Shutdown Prior uptime:2d 22h:14m:5s
2007/10/06 23:04:36 Boot Prior downtime:0d 2h:47m:21s
2007/10/09 3:25:10 Shutdown Prior uptime:2d 4h:20m:34s
2007/10/10 0:27:48 Boot Prior downtime:0d 21h:2m:38s
2007/10/12 2:33:45 Shutdown Prior uptime:2d 2h:5m:57s
2007/10/12 7:18:16 Boot Prior downtime:0d 4h:44m:31s
2007/10/15 4:16:45 Shutdown Prior uptime:2d 20h:58m:29s
2007/10/16 1:08:41 Boot Prior downtime:0d 20h:51m:56s
2007/10/18 1:10:24 Boot

Current System Uptime: 2 day(s), 20 hour(s), 54 minute(s), 18 second(s)


---------- ----------- ------------------- ------------------------------


Since 2007/10/01: (Last 19 Days)

Total Reboots: 7
Mean Time Between Reboots: 2.85 days
Total Bluescreens: 0

---------------------------------------------------------------------------


Since 2007/10/01: (Last 19 Days)

System Availability: 100.0000%
Total Uptime: 19d 21h:1m:9s
Total Downtime: 0d 0h:0m:0s
Total Reboots: 0
Total Bluescreens: 0


Notes:
2007/10/01 is the earliest date in the event log where
sufficient information is recorded to calculate availability.

Longhorn Serverの正式名称は「Windows Server 2008」

Windows Server "Longhorn"のコード名で開発が進められていた、Windows Server 2003の次期版OSが、ついに製品名が正式に発表された。


http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070516/271133/
・【WinHEC 2007】Longhornの正式名称は「Windows Server 2008」:ITpro


何とWindows Server 2008らしい。
年内にリリースされると言うことで、なんとなくみんなWindows Server 2007かなって思ってたのに、ちょっと意外だった。
(ただしリリース予定は今まで通り2007年終盤の予定)

Windows Server "Longhorn"ベータ版のサイトは既に2008になっている。


http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/
・Windows Server 2008 ホーム


サーバマネージャによるサーバの機能や役割の統合された管理。
Windows PowerShellによる高機能で新しいコマンドライン実行環境。
Server CoreによるGUIレスのシンプルで安定した運用。
Hypervisorによる仮想環境でのパフォーマンス向上。
管理負荷を軽減する読み取り専用ドメインコントローラ。
ネットワークアクセスプロテクションによる検疫ネットワーク。
モジュール化され最小限機能だけをインストール可能なIIS7.0。
一連の処理がすべて完了後に結果を反映するトランザクションNTFS
システム稼働中に自動的に破損部分を修復する自己回復NTFS
アプリケーション部分のみのウィンドウを表示可能なターミナルサービスリモートプログラム。


Server Coreでもこんな機能な実行可能。
DHCPサーバ
DNSサーバ
ファイルサーバ(FRS/DFS/DFS-Rを含む)
ドメインコントローラ(ADAM/読み取り専用DCを含む)

それにServer Coreでも、GUIを搭載した別のWindows Server 2008からはリモートでのGUIでの管理が可能。


トランザクションNTFSには驚いた。
コマンドラインでバッチの最初にトランザクション開始を宣言すると、最後にコミットを宣言するまで結果が反映されない。
ロールバックを宣言してトランザクションを無効化もできる。

Windows XP、Windows Server 2003と、最近のマイクロソフトはOSの機能だけではなく管理面を充実させている。
次期OSのWindows Server 2008ではさらにそれが進むらしい。
ちょっと期待しちゃうよね。

この辺が参考になった。


http://www.windows-world.jp/special/-/49869.html
・Windows Server World Online - Windows Server "Longhorn"解体新書

テスト中

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

ブログ検索
プロフィール

norimaki2000

norimaki2000のブログにようこそ
・2013/01/05テンプレートをsantaからhouseに変更
・2012/10/29テンプレートをsweet_donutsからsantaに変更
Follow norimaki2000 on Twitter気軽に話しかけてね

ニューヨーク・マンハッタン(タイムズスクェア)180×135

千葉県在住で東京都内に勤務。SE歴20年超えました。

昔々はオフコンで販売管理などのアプリケーション開発してた。
ファミリーレストランの無線オーダリングやPOS、キッチンプリンタの全国展開なんかもやっていました。
数年前まではWindows上のアプリケーション展開が多かったかな。
ここ数年はWindowsサーバーを中心としたサーバーインフラの提案・構築・保守を中心にやってます。
主な取り扱い製品は、
・Windows 2000 Server以降 (もちろんNT3.5やNT4.0も知っていますが)
・Active Directory (今で言うAD DS)
・Symantec Backup Exec
・Symantec System Recovery
・CA ARCserve Backup for Windows
・CA ARCserve Replication
・CA ARCserve D2D
・EMC RepliStor
・VMware vSphere
・某メーカーのクラスタソフトウェア

どれもこれも中途半端な知識と技術力ですが、なんとかやっています。
私自身は技術や製品を担当する立場ではなく、特定業種のお客さん(ユーザ企業)の対応窓口となるSEの役割りですから、必要であれば詳しい知識や経験豊富な別のSEを探してきてプロジェクトメンバに加えます。

もちろん小さな物件では自分で提案、インストール、お客さんへの導入、アフターサポートまでやります。
大きな物件では提案はやりますが、構築部分は専門部隊に依頼します。
その場合でもアフターサポート窓口は私がやりますので、お客さんに対しては一貫して窓口SEとなります。

サーバの世界の大きなトレンドは統合・仮想化。
2007年はVirtual Server 2005 R2によるサーバ仮想化も、2つのお客さんで本稼動させた。
2008年はVMware ESX 3.5を2セット構築。単純なローカル起動と、SANブート/VMotion/DRS/HA/VCBのフル装備もやった。
2009年はぜひHyper-Vの仮想環境を構築したいな。と思っていたが、なかなか機会に恵まれなかった。
2010年はVMware ESX 4.0でHA/VMotion/VCBバックアップを進行中。

そのほかにも、ドメインコントローラやファイルサーバの全国展開とデータ移行、特定のアプリケーションの実行基盤となるサーバ群のOS・バックアップ・DBクラスタなどインフラ部分の構築などをやっています。


2011年のポイントも引き続き、【ご利用は計画的に】。
今まで長年に渡って仕事も私生活も行き当たりばったりなので、少しでも物事を計画的に進められるようにしたい。
いつも計画性の無さが災いして多くの人に迷惑をかけています。
自分自身も計画的な仕事ができないため、いつもいろいろ苦労しています。
今年はさらに計画的に仕事をするようにしなきゃ。

それと若手を上手に使うようにならなきゃならん。
若手の育成はもちろんだけど、僕自身も仕事を上手に他の人に振ることができるようになりたい。
仕事の種類のせいなのか性格なのか、どうしても一人で抱え込んでしまうから。

【Twitter】2010年の元旦から始めました。平均して1日あたり10ツィート程度です。
仕事関連の呟きが少し、くだらない呟きがほとんどかな。
Follow norimaki2000 on Twitter
・norimaki2000 on Twitter

Follow norimaki2000 on Twitter
・norimaki2000 on Twilog


オンライン上ではあるけれど、今まで知らなかった人たちと交流する機会を得ることになり、非常に刺激を受けます。
仕事でも私生活でも、いろんな人のつぶやきは息抜きにもなり、また助けられたり、あるいは「もっとがんばんなきゃ」と励みになったりします。
Twitterを考え出した人の発想、システムとして作り上げた努力と情熱はすごい!!


【好きな音楽】ベテランの皆さんなら浜田省吾、尾崎豊、エコーズ、若手なら鬼束ちひろ、平原綾香、現在注目の若手はいきものがかり

【好きなアイドル】千葉県柏市を中心に活動する地元アイドルの「コズミック☆倶楽部」を激推し中です。

【好きな飲み物】シャンパンはご存知モエ・エ・シャンドン ブリュット アンペリアル、ビールはキリン ブラウマイスター、水ならビッテル、お茶ならキリン生茶

【好きなTVドラマ】Xファイル、24、ミレニアム、ER、CSI:科学捜査班シリーズ、NCIS:ネイビー犯罪捜査班、ザ・プラクティス、ボストン・リーガル



パソコン困り事相談もよろしく


最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
FC2カウンター
キーワード

Windows_Server VMware_ESX VMware vCenter_Server VMware_Player PowerShell PowerCLI vSphere_Client VirtualCenter Active_Directory vStorage_API Converter Windows 文音 Hyper-V Microsoft_Security_Essentials コズミック☆倶楽部 Windows_8 Backup_Exec VMware_Converter vSphere sora カラオケ なるみん あいひょん SQL_Server Windows_Server_2012 System_Center VCB Red_Hat_Enterprise_Linux Tech_Fielders メモリダンプ System_Recovery ESX ARCserve_Backup Internet_Explorer VMware_vSphere RHEL ジン子 マークス vSphere_CLI VMware_HA Exec Directory Firefox vMotion Oracle Active Symantec Server Backup Sysinternals NTFS Twitter Oracle_Database vCenter_Converter wevtutil コズミック倶楽部 DMC-FZ1000 schtasks XenServer キリン 若手 remi 麗美 Recovery Visual_Studio Windows_Update Office System SE Vista DRS 氷結 スリムス フィット グランダム 掃除 セルシオ 洗濯 のどごし生 洗車 サッポロ ロッキー おやつカンパニー カルディ スパークリングウォーター ベビースター おとなのおつまみ 白石美帆 経済産業省 えびしお corega セキュリティ ついにステップワゴンを契約してしまった 糖質 一番搾り食物繊維 スタローン 東京国際フォーラム スパリゾートハワイアンズ サクセス カーナビ ラガー 人口甘味料 コロン ブラックホーク・ダウン ジョシュ・ハートネット ハワイ 神戸 北野 献血 けんけつちゃん シャンプー台のむこうに デュポン 映画 東京タワー 写真 マッハ ムエタイ はばたき福祉事業団 ワイヤーアクション お茶のチューハイ バルボア キャンプ 万座温泉 夏休み 草津 鬼押し出し園 カーポート 高原 バーベキュー 関西空港 羽田 グレープフルーツ ウォーター ポケモン・スタンプラリー 伊藤園 日本赤十字社  サーバ 雨どい Resource ARCserve_D2D ARCserve_Replication VMFS バックアップ Virtual_Infrastructure SkyDrive vStorag_API OpenOffice.org ジャンプフェスタ XP Word Uptime.exe ULPC OEM ITIL DSP グループポリシー Apache 浜田省吾 Linux VMware_ESXi OneDrive HUAWEI れみ GR5 IP38X/N500 NVR500 バッチ Tween OpenOffice iStorage Windows_Azure AWS robocopy USB2.0 USB CDRW-AB24JL CD CAB CG CR-V DVD CoolMax Brio ATAPI 破損 2008 オレッツァ 修復 圧縮 0x0000007B コマンドライン Gathers Hyperion STOPエラー SAP Paper.li SUPPLEX SweetGrass Tools Thunderbird Replication PCI Kit IZZE IDE NR-7900A NetBackup PC-Success OREZZA エイドリアン 

月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。