VMware Infrastructure 3 version 3.5に挑戦中です(2)

前回の日記の続きです。

(2)ブレード型サーバとFC接続のSANによるVMware HA/DRS/VMotion/VCBの複雑な構成
今日この(2)の、結構複雑な構成について書いてみます。


これはまだ現在インストール中で、構成はこんな感じ。
・仮想化サーバ1 VMware ESX Server 3.5 Enterprise
・仮想化サーバ2 VMware ESX Server 3.5 Enterprise
・管理サーバ Windows Server 2003 R2, Standard Edition
VCBバックアッププロキシサーバ Windows Server 2003 R2, Standard Edition
・共有ディスクアレイ装置(ファイバチャネル接続)

今回は豪華な構成です。
VirtualCenter、HA、DRS、VMotionもあります。
各ESXサーバそれぞれでWindows Server 2003 R2の仮想マシンを当面は4台ずつを稼動させます。

各ESXサーバはディスクレスで、共有ディスクアレイ装置の一部の領域をESXのサービスコンソールに割り当て、そこからファイバチャネル経由で起動します。
いわゆるSANブートです。
各CPUブレードは非常に限られたスペースなので、ディスクレスモデルだとその空間を利用してメインメモリ増設ができるようになっている。
今回は仮想化サーバの役割からして、メモリが大量に欲しい。
だからSANブート専用のディスクレスモデルにした。

お客さんの希望で「VMotion必須」で、バックアップの要件からVCB(VMware Consolidated Backup)だったので、当然ファイバチャネル接続の共有ディスクアレイ装置は必要。


ブレードサーバの構成を組むところから何度も躓いた。
共有ディスクアレイ装置も構成を組むのは難しかった。
それに加えてSANブート。
VMwareだってやっと始めたばかりなのにVMotion/HA/DRS/VCBと、VMware Infrastructure 3のほとんどすべての機能をフル装備です。

構築に至るまでの経緯が異常なまでに大変だった。
こんなやつのハードウェア、ソフトウェア、インストール作業などがさくさくと思いついて仕事がどんどん進む人なんているのかなあ?。


構築作業の現状は
VMware ESX 3.5のSANブート OK
■VMware VMotion OK
■VMware DRS OK
VMware HA 今のところうまく行ってない
VCBでの仮想マシンイメージでのバックアップ だいたいOK
VCBでバックアップした仮想マシンをイメージからレストア まだこれから
■VirtualCenterでWindows Server 2003 R2のテンプレート化 だいたいOK
□管理サーバから他の3台をシャットダウンさせるUPS電源制御 まだこれから
□共有ディスクアレイ装置のFCスイッチのゾーニング まだこれから


しかしVCB (VMware Consolidated Backup) の威力はすごいね。

稼働中の仮想マシンをそのままイメージをバックアップできる。
しかもネットワーク経由でのバックアップではなく、ファイバチャネルの共有ディスクアレイ装置内部で仮想ディスクファイルが一瞬でVCBバックアッププロキシサーバにエクスポートされる。

同様の事は今までもディスクアレイ装置固有の機能で、筐体内のマスタボリューム(MV)からレプリケーションボリューム(RV)への複製を行う事で実現できた。
しかしこれはハードウェアに依存するため、操作方法が機種によって異なる。
何よりもアレイ装置の筐体内複製機能は非常に高価!!


VMware Infrastructure 3.5からはFoundationでさえもVCB機能が標準になったし、SANはファイバチャネルだけではなくiSCSIでもVCBがサポートされるので、ますます敷居は低くなるね。

VMware Infrastructure 3 version 3.5に挑戦中です(1)

このサイトのプロフィールにも書いてるけど。

昨年は2つのお客さんで、Windows Server 2003 R2とVirtual Server 2005 R2による仮想環境を構築して、導入し、本稼動している。
私が使っているテスト環境はx64版Windows Server 2008とHyper-Vの仮想環境を利用している。
Hyper-Vは結構気に入っていて、もう2度とVirtual Serverには戻れないと感じているが、この話はまた今度。

そして今年はいよいよVMwareに挑戦の年。
実際に今は、私自身生まれて初めてとなるVMware ESX Serverの構築を行っている。

現在手がけているのは次の2つのシステム
(1)2Uラック型サーバによるシンプルなVMware ESX Server
(2)ブレード型サーバとFC接続のSANによるVMware HA/DRS/VMotion/VCBの複雑な構成
今日の日記では(1)のシンプルな方について書いてみます。


2wayの2Uラック型サーバ内蔵ディスクによる仮想環境は既に構築し、6月の終わりにお客さんに納品済み。
今はお客さんでテスト稼働中。

このシステムはこの3台で構成されている。
・仮想化サーバ1 VMware ESX Server 3.5 Foundation
・仮想化サーバ2 VMware ESX Server 3.5 Foundation
・バックアップサーバ Windows Server 2003 R2, Standard Edition

VMware ESX Server 3.5はそれ単独のみで利用している。
VirtualCenter、HA、DRS、VMotionといったオプションは一切無し。
ESXサーバそれぞれでWindows Server 2003 R2の仮想マシン2台ずつを稼動させるシンプルな構造。
内蔵SASディスク3本のRAID6に、ESXサーバも仮想マシンも一緒に共存している。
パフォーマンスよりもシンプルで低コストを優先している。


特徴的なのが仮想マシンのバックアップ方法。
初めてのVMware ESX Serverだったが、ここにはこだわった。

仮想マシンは、当然サービスコンソールのVMFSフォーマット領域に存在している。
バックアップはサービスコンソールのLinux上で、bashのシェルスクリプトでこの流れになる。

・cronでスケジュールしたシェルスクリプトが起動
・仮想マシンのゲストOSをシャットダウン
・vmkfstoolsで仮想マシンをext3フォーマット領域にエクスポート
・エクスポートされたすべてのファイルを、zipで圧縮
・圧縮したファイルをバックアップサーバのIISに対してftpでputする
<バックアップサーバのIIS>
・タスクスケジューラでバッチファイルを起動
・FTPで受信したzipファイルを新しい方からn個残して、それより古いファイルを削除


念のためARCserve Backup r11.5とUniversal Client Agent for Linuxも準備していたが、お客さんの意向と、私達の技術的な好みでzip圧縮とftpでの転送に決まった。

VMware ESX Server 3.5のサービスコンソールには、zipで圧縮するコマンドが標準で入っていたのには少し驚いた。
zipだからWindowsに転送されても標準機能で解凍できるので便利。

レストアは手動で行うが、バックアップとは逆の手順。
・ESXサーバのサービスコンソールで、IISのFTPサーバから圧縮されたzipファイルをext3領域にget
・ext3領域上でzipで圧縮された仮想マシンを解凍
・vmkfstoolsで仮想マシンをvmfs領域にインポート
・VIClientで仮想マシンを新規に作成し、さっきインポートした仮想ディスクファイルを指定

生まれて初めて扱うVMware ESX Serverだったが、なかなかうまく行ったよ。
提案や構成の作成も自分でやった。
構築は同じくVMware初体験の若手と2人でやった。
今回は自分で技術を習得する目的が大きかったので、誰の力も借りずにすべて2人で書籍、マニュアル、インターネットなどで調べながらやってみた。


VMware ESX Serverのインストール自体は思いのほか簡単だったが、実際に運用するとなると、それはまたそれで経験やノウハウが必要だね。
Virtual Serverとは全然違って機能があまりにも豊富で、それを使いこなすのもノウハウが必要だ。

テスト中

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

ブログ検索
プロフィール

norimaki2000

norimaki2000のブログにようこそ
・2013/01/05テンプレートをsantaからhouseに変更
・2012/10/29テンプレートをsweet_donutsからsantaに変更
Follow norimaki2000 on Twitter気軽に話しかけてね

ニューヨーク・マンハッタン(タイムズスクェア)180×135

千葉県在住で東京都内に勤務。SE歴20年超えました。

昔々はオフコンで販売管理などのアプリケーション開発してた。
ファミリーレストランの無線オーダリングやPOS、キッチンプリンタの全国展開なんかもやっていました。
数年前まではWindows上のアプリケーション展開が多かったかな。
ここ数年はWindowsサーバーを中心としたサーバーインフラの提案・構築・保守を中心にやってます。
主な取り扱い製品は、
・Windows 2000 Server以降 (もちろんNT3.5やNT4.0も知っていますが)
・Active Directory (今で言うAD DS)
・Symantec Backup Exec
・Symantec System Recovery
・CA ARCserve Backup for Windows
・CA ARCserve Replication
・CA ARCserve D2D
・EMC RepliStor
・VMware vSphere
・某メーカーのクラスタソフトウェア

どれもこれも中途半端な知識と技術力ですが、なんとかやっています。
私自身は技術や製品を担当する立場ではなく、特定業種のお客さん(ユーザ企業)の対応窓口となるSEの役割りですから、必要であれば詳しい知識や経験豊富な別のSEを探してきてプロジェクトメンバに加えます。

もちろん小さな物件では自分で提案、インストール、お客さんへの導入、アフターサポートまでやります。
大きな物件では提案はやりますが、構築部分は専門部隊に依頼します。
その場合でもアフターサポート窓口は私がやりますので、お客さんに対しては一貫して窓口SEとなります。

サーバの世界の大きなトレンドは統合・仮想化。
2007年はVirtual Server 2005 R2によるサーバ仮想化も、2つのお客さんで本稼動させた。
2008年はVMware ESX 3.5を2セット構築。単純なローカル起動と、SANブート/VMotion/DRS/HA/VCBのフル装備もやった。
2009年はぜひHyper-Vの仮想環境を構築したいな。と思っていたが、なかなか機会に恵まれなかった。
2010年はVMware ESX 4.0でHA/VMotion/VCBバックアップを進行中。

そのほかにも、ドメインコントローラやファイルサーバの全国展開とデータ移行、特定のアプリケーションの実行基盤となるサーバ群のOS・バックアップ・DBクラスタなどインフラ部分の構築などをやっています。


2011年のポイントも引き続き、【ご利用は計画的に】。
今まで長年に渡って仕事も私生活も行き当たりばったりなので、少しでも物事を計画的に進められるようにしたい。
いつも計画性の無さが災いして多くの人に迷惑をかけています。
自分自身も計画的な仕事ができないため、いつもいろいろ苦労しています。
今年はさらに計画的に仕事をするようにしなきゃ。

それと若手を上手に使うようにならなきゃならん。
若手の育成はもちろんだけど、僕自身も仕事を上手に他の人に振ることができるようになりたい。
仕事の種類のせいなのか性格なのか、どうしても一人で抱え込んでしまうから。

【Twitter】2010年の元旦から始めました。平均して1日あたり10ツィート程度です。
仕事関連の呟きが少し、くだらない呟きがほとんどかな。
Follow norimaki2000 on Twitter
・norimaki2000 on Twitter

Follow norimaki2000 on Twitter
・norimaki2000 on Twilog


オンライン上ではあるけれど、今まで知らなかった人たちと交流する機会を得ることになり、非常に刺激を受けます。
仕事でも私生活でも、いろんな人のつぶやきは息抜きにもなり、また助けられたり、あるいは「もっとがんばんなきゃ」と励みになったりします。
Twitterを考え出した人の発想、システムとして作り上げた努力と情熱はすごい!!


【好きな音楽】ベテランの皆さんなら浜田省吾、尾崎豊、エコーズ、若手なら鬼束ちひろ、平原綾香、現在注目の若手はいきものがかり

【好きなアイドル】千葉県柏市を中心に活動する地元アイドルの「コズミック☆倶楽部」を激推し中です。

【好きな飲み物】シャンパンはご存知モエ・エ・シャンドン ブリュット アンペリアル、ビールはキリン ブラウマイスター、水ならビッテル、お茶ならキリン生茶

【好きなTVドラマ】Xファイル、24、ミレニアム、ER、CSI:科学捜査班シリーズ、NCIS:ネイビー犯罪捜査班、ザ・プラクティス、ボストン・リーガル



パソコン困り事相談もよろしく


最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
FC2カウンター
キーワード

Windows_Server VMware_ESX VMware vCenter_Server VMware_Player PowerShell PowerCLI vSphere_Client VirtualCenter Active_Directory vStorage_API Converter 文音 Windows Hyper-V コズミック☆倶楽部 Microsoft_Security_Essentials Windows_8 vSphere VMware_Converter Backup_Exec sora なるみん あいひょん カラオケ Windows_Server_2012 System_Center VCB Red_Hat_Enterprise_Linux SQL_Server Tech_Fielders メモリダンプ System_Recovery ARCserve_Backup RHEL Internet_Explorer ESX VMware_vSphere Oracle Directory Exec Symantec VMware_HA Server vSphere_CLI ジン子 マークス Active vMotion Firefox Backup Recovery NTFS System 麗美 XenServer schtasks Vista remi コズミック倶楽部 DRS SE キリン vCenter_Converter Twitter Office Oracle_Database Windows_Update Visual_Studio wevtutil 氷結 Sysinternals DMC-FZ1000 若手 スリムス ラガー 一番搾り食物繊維 ついにステップワゴンを契約してしまった ロッキー 糖質 サッポロ 日本赤十字社 洗車 洗濯 写真 バルボア のどごし生 フィット 東京国際フォーラム カーナビ おとなのおつまみ ベビースター おやつカンパニー えびしお 献血 白石美帆 セキュリティ スパリゾートハワイアンズ カルディ サクセス けんけつちゃん はばたき福祉事業団 スタローン セルシオ スパークリングウォーター corega 経済産業省 雨どい 人口甘味料 伊藤園 ポケモン・スタンプラリー シャンプー台のむこうに サーバ デュポン  お茶のチューハイ ジョシュ・ハートネット 神戸 北野 ウォーター ハワイ エイドリアン ブラックホーク・ダウン コロン ワイヤーアクション ムエタイ カーポート 高原 バーベキュー 映画 グレープフルーツ グランダム 掃除 鬼押し出し園 草津 関西空港 羽田 夏休み 万座温泉 マッハ キャンプ 東京タワー SAP バックアップ ARCserve_D2D ARCserve_Replication Virtual_Infrastructure vStorag_API Apache グループポリシー SkyDrive VMFS OpenOffice.org ULPC XP Word OEM DSP ジャンプフェスタ ITIL OpenOffice Tween HUAWEI OneDrive 浜田省吾 GR5 れみ Windows_Serverバックアップ Paper.li Linux VMware_ESXi Windows_Azure iStorage バッチ robocopy AWS IP38X/N500 NVR500 Uptime.exe USB2.0 CG CDRW-AB24JL CD CR-V CoolMax Gathers DVD CAB Brio 修復 破損 2008 圧縮 コマンドライン ATAPI 0x0000007B Hyperion IDE SUPPLEX STOPエラー wbadmin SweetGrass Thunderbird USB Tools Resource Replication NR-7900A Kit IZZE NetBackup OREZZA PCI PC-Success オレッツァ 

月別アーカイブ
リンク
RSSフィード